TikTok、AI生成コンテンツへの自動ラベル付けを開始。コンテンツクレデンシャル活用

 TikTokは9日(米国時間)、コンテンツクレデンシャルが添付されたAI生成コンテンツがアップロードされた際に、自動的に「AI-generated」(AI生成)のラベルを付与する仕組みを運用開始する。同様の取り組みは、ソーシャルメディアプラットフォームとしては初だとしている。

 コンテンツクレデンシャルは、そのコンテンツが誰によって、いつ、どこで作成され、どのように編集されたかを確認できるメタデータ。AIによって生成/編集されたかどうかについても記録され、ユーザーがコンテンツを入手した際などに、成分表示ラベルのようにその素性を確認できる。

 TikTokではクリエイターに対し、AI生成コンテンツ(AIGC)を投稿する際にその旨を表示することを義務づけているほか、人に危害や誤解を与えるようなAIGCを禁止している。また2023年9月より、TikTokのAIエフェクトを使って作られたコンテンツに対してラベル付けも開始している。

 今回同社では、新たにコンテンツクレデンシャルを活用した取り組みを段階的に開始。まず、ユーザーがアップロードしたコンテンツが、コンテンツクレデンシャルでAIGCだと分かった場合に、自動的に「AI-generated」のラベル付けを実施する。加えて今後数カ月中に、TikTok上で作成されたAIGCに対し、コンテンツクレデンシャルの添付を始める。

 さらに、幅広い業界におけるコンテンツクレデンシャル採用を促進するほか、専門家の指導の下開発した新たなメディアリテラシーキャンペーンを開始。コミュニティがAIGCや偽情報を見分けられるようにするための支援を行なっていくという。