【125cc最強の“攻め”バイク】「日常最速か、それとも非日常最速か。」アプリリアから2台のハイパフォーマンスバイクが新登場の画像一覧

のんびりと長距離ツーリングではなく「攻め」を念頭に置くと、重量の重くなる大排気量車よりも軽量な小排気量車が有利になることがあります。四季があるから故に路面状況はドライにもウェットにもなり、緑豊かな日本では落ち葉などもある。日々変化に富むスリッピーな路面を攻めるならなおのこと、小排気量車が強さを見せるのです。アグレッシブな「攻め」志向のライダーに好まれる125ccクラスに、最強とも思える2台のハイパフォーマンスバイクが新たなグラフィックをまとって新登場しました。得意とするステージがまったく異なる「RX 125」と「SX 125」。日常最速か、それとも非日常最速か。悩ましい選択を迫られるアプリリアの最新モデルなのです。

同じスペックで異なるブレーキ


排気量124.2 cc、4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブエンジンを搭載したアプリリアの「RX 125」と「SX 125」は、最高出力11kW(15HP)/10,000rpm、最大トルク11.2Nm/8,000rpmと同じスペック。トランスミッションも同じ6速リターンで変速比も一緒。しかし足回りが異なることで、得意とするステージがガラリと変わります。

オフロードが主戦場となる「RX 125」のフロントブレーキはΦ260 mm ステンレスディスク/フローティングキャリパーを装着。一方で「SX 125」は大型となるΦ300 mm ステンレスディスク/フローティングキャリパーを装着しています。つまり「SX 125」はより強い制動力を求めていることがわかるのです。

ブレーキ周りはなかなか気付けない箇所でもありますが、パッと見ですぐわかる相違点がタイヤです。「RX 125」は前後ともゴツゴツとしたオフロード専用タイヤを装着。サイズはフロントタイヤの幅が90mmでリヤが120mmとなっています。

(広告の後にも続きます)

似て非なる2台のアグレッシブバイク


「SX 125」はモタードと呼ばれるカテゴリーに属するスポーツモデル。見た目はオフロードバイクですがタイヤはオンロード向きのハイグリップ仕様。サイズはフロントタイヤの幅が100mmでリヤが130mmとなっています。「RX 125」のゴツゴツタイヤに対し、「SX 125」のツルツルタイヤとわかりやすい仕様ですが、それ以上に「RX 125」のフロント21インチ×リヤ18インチ、「SX 125」の前後とも17インチといったサイズ感が性格を大きく違えるのです。純粋なオフローダーである「RX 125」はギャップを乗り越えていくのに必要な大きなフロント21インチ。「SX 125」は前後ともに17インチなので、ニュートラルなコーナーリングに適した性格となります。

スポーツ性能を兼ね備えた個性際立つモーターサイクルに仕上がった「RX 125」と「SX 125」ですが、カラーリングも一緒なので逆に性格だけを追い求めればいいだけ。非日常がステージとなるオフロード最速を目指し、「RX 125」を選択するか。それとも、日常的にアグレッシブなライディングを楽しめるオンロード仕様の「SX 125」を選ぶのか。

ちなみにシート高は「RX 125」が905mmで「SX 125」は880mmとなっており、足つきは「SX 125」の方がよくなっています。