「私の好きだった人はもういない」30代女性が“自己中すぎる夫”と別れを決意した「決定的な瞬間」

<前編のあらすじ>

中国地方在住の鳥羽公恵さん(仮名・30代)は、大学生の頃に交際が始まった同級生と、社会に出て3年後に結婚した。

結婚して1年たった頃に妊娠が発覚。鳥羽さんは産休・育休中の生活費について夫に相談するも、サポートする気が一切ない様子に困惑する。何とか一部の生活費を負担してもらえることになったが、出産準備費用はほとんど鳥羽さんのポケットマネーから補てんした。

娘を出産後も、夫の非協力的な態度は変わらなかった。夜勤のある夫は、いつ夜勤があるかのスケジュールを教えてくれないばかりか、飲み会に行く日も連絡さえしてくれない。そのような状況の中、ついに不倫疑惑まで出てきたのだった。

再構築できるのか

「別宅借りてるよね?」「第三者をつけて話し合おう」と鳥羽さんが言うと、「まずは2人で話し合おう」と言って夫は聞き入れなかった。

深夜、不機嫌な様子で帰宅した夫は、「なぜ別邸があるとわかったんだ?」と問い詰め始めた。

すると鳥羽さんは、ばか正直にメールをパソコンから見たことを言ってしまい、夫は「勝手に人のメール見るなんてありえない!」と激昂。

もう鳥羽さんが「Nって誰?」と聞いても、「お前には関係ない」。「電話してみて」と言っても、「する必要はない」。「ただお前と離れたかったから別宅を借りたんだ」と言い張り、逆に鳥羽さんへのダメ出しが始まる。

「部屋の掃除がなってない。朝ごはんを作ってくれない。……作っても『食べる暇ない』って言って食べなかったのは夫ですが、『なら弁当にしとけよ』と言われました。夜帰ってきても出迎えもない。……娘を寝かしつけて、そのまま寝ちゃってたんですが、なぜか説教されていました」

説教は延々と小一時間続き、鳥羽さんは眠さと疲れのため、「ごめん、改善するところは改善するから」と謝ってしまう。

「じゃあ、もう1回やっていこう」

満足気に夫が言い、再構築の流れになった。

「今思えばまともな精神状態じゃなかったと思います。Nの電話番号がわかっていたので電話してみましたが誰も出ず。その夜、『お前、相手に連絡したりするなよ。関係ない人なんだから』と夫に言われたので、Nが夫に私から電話があったことを言ったんだろうと思いました」

(広告の後にも続きます)

不倫疑惑返し

再構築する流れになってからというもの、夫は連日仕事で遅かったにも関わらず、びっくりするほど早く帰ってくるようになる。

しかし夫は娘には優しく接するが、鳥羽さんのことは無視。

「朝早起きして夫の朝ごはん用の弁当を作って、子育てして、仕事行って……。保育園の送迎はもちろん私。帰ってご飯作って片付けして……大変すぎました。復職してから家計も半分ずつに戻されて、これで復縁できるのか? 復縁が私にとって良いことなのか? と悩む日々が続きました」

ある晩のこと。娘が寝たタイミングを見計らうかのように、夜勤中の夫から電話がかかってきた。

出ると、「お前、何か俺に隠してることあるよな? 201☓年(約5年前)の☓月☓日、誰と何してた? 忘れられない夜だったんじゃないか? 暇だったから俺もお前のメールをパソコンで見たんだ」とあざけり笑う。

「201x年の当時、私と夫は付き合っていましたが、遠方から遊びに来る大学時代の男友達に頼まれて、私がネットでホテルの予約をした履歴が残っていたのです。夜に会って飲みに行きましたが、私は実家暮らしだったので泊まっていませんし、自分が泊まるなら自分の名前で予約しますよ。おそらく夫も浮気じゃないことはわかってて、自分が責められた腹いせだと思います。あら探しするために5年も人のメールさかのぼる行為も恐怖だし、この人と夫婦っていうのがもうむなしくなりました……」