北海道で「肉眼で見えるオーロラ」発生 “赤く染まる夜空”の目撃情報続々でSNS大盛り上がり

 12月1日の夜に北海道で「低緯度オーロラ」が発生し(関連記事)、SNSに目撃情報が多く投稿されました。赤く染まる夜空が幻想的すぎる。

肉眼で低緯度オーロラの明るさが分かるのは“約20年ぶり”

 X(Twitter)ユーザーのTomohiro M. NAKAYAMA(@t_nakayama0215)さんは、オーロラを撮影した画像や動画をXに投稿。画像は、カメラとiPhone13 Proの2種を使って撮影していますが、両方ともオーロラにより夜空が赤く染まっているのが見えます。

 また、NAKAYAMAさんはオーロラが消え行く様子を動画で撮影することにも成功。動画を見ると、赤く光ったオーロラが徐々に引いていく様子が写っています。

 北海道・陸別町の「銀河の森天文台」によると、肉眼で低緯度オーロラの明るさが分かったのは2003年10月以来約20年ぶりになるとのこと。この珍しい現象に、Xでは天文台を始めとする多くのユーザーが、目撃情報を投稿し大盛り上がりの様相を見せています。

画像・動画提供:Tomohiro M. NAKAYAMA(@t_nakayama0215)さん