【九州の女性が選ぶ】「子どもを入学させたい九州地方の私立中学校」ランキング! 2位は「西南学院中学校」「久留米大学附設中学校」、1位は?

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、九州地方在住の女性を対象に「子どもを入学させたい九州地方の私立中学校」というテーマでアンケート調査を実施しました。

 地元の女性から「子どもを入学させたい」と支持を集めたのは、九州のどの私立中学校だったのでしょうか。さっそく、ランキングを見ていきましょう!

第2位:西南学院中学校

 第2位には、得票率18.5%で2校が並びました。1校目は「西南学院中学校」です。

 福岡県福岡市早良区に位置する西南学院中学校は、1916年創立の「西南学院」をルーツとする私立中学校。「西南よ、キリストに忠実なれ」を建学の精神に掲げ、地域社会や国際社会に奉仕する創造性ある人材の育成を使命としています。

 中高一貫校のため、中学の時は、6年間を見据えて基礎学力を身につけながら将来の可能性を広げます。また、外国人教師とのオンライン英会話や、社会科での模擬裁判、毎週火曜日の朝の読書といった独自の教育を実施。さらに、定期試験前の放課後に行われる「ラーニングサポート」など、きめ細かな指導も行われます。同校では、聖書を教育の土台とし、聖書の授業や「教室礼拝」など、キリスト教教育に力を入れているのも特徴です。

(広告の後にも続きます)

第2位:久留米大学附設中学校

 第2位の2校目は、「久留米大学附設中学校」です。

 福岡県久留米市に位置する久留米大学附設中学校は、1969年に久留米大学に附設された私立中学校。「真に国家社会に貢献しようとする、為他の気概をもった誠実・努力の人物を育成する」を建学の精神に掲げ、全人教育に取り組んでいます。

 同校は中高一貫校としての利点を生かし、中学2年次までに中学の教科課程をほぼ終わらせ、中学3年次から高校課程の学習を始めます。また、1、2年次の夏休み作品展のほか、3年次には調査と実験を経た卒業論文・制作を実施。さらに、クラブ活動も盛んで、体育部・文化部ともに全国大会を含む各種大会で活躍を見せています。