【男性が選ぶ】就職してみたい「国内自動車メーカー」ランキング! 2位は「ホンダ(HONDA)」、1位は?

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の男性を対象に「就職してみたい国内自動車メーカー」というテーマでアンケートを実施しました。

 多くの男性から「就職してみたい」と支持を集めたのは、どの自動車メーカーだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

第2位:ホンダ(HONDA)

 第2位は、得票率21.4%の「ホンダ(HONDA)」でした。

 東京都港区に本社を構える1948年創業の世界的な輸送機器メーカーで、バイクや車をはじめ、発電機や芝刈り機などのパワープロダクツ、小型ビジネスジェット機やモビリティサービスなど、幅広い事業を展開。「N-BOX」や「フィット」「ステップワゴン」など、多くの人気シリーズを手掛けています。

 同社では各階層別に研修プログラムが用意されているほか、海外での業務を6カ月間経験する「海外トレーニー」や「英語学習支援プログラム」などの研修体系を整備。1972年に完全週5日制を導入するなど、業界に先駆けて働き方改革を実施してきました。

(広告の後にも続きます)

第1位:トヨタ(TOYOTA)

 第1位は、得票率25.3%の「トヨタ(TOYOTA)」でした。

 愛知県豊田市に本社を構える、1937年創業の日本最大手の自動車メーカー。「カローラ」「クラウン」「プリウス」など、これまで数々の名車を誕生させてきました。2023年上半期でのグループ全体の販売台数が4年連続で世界トップを達成するなど、世界最大の自動車メーカーにも数えられています。

 配属3年目までは担当の先輩社員がついて面倒を見る「職場先輩制度」や、海外や国内関係先への派遣を行う「修業派遣」など、ユニークな研修制度を整備。希望者全員が入寮できる社員寮が全国の約80カ所に設置されています。