【25卒の理系女子学生が選ぶ】「就職人気企業」ランキング! 2位は「資生堂」、1位は?

 総合人材サービス企業のダイヤモンド・ヒューマンリソースは、「ダイヤモンド就活ナビ2025」に会員登録をしている大学生・大学院生を対象に「就職先人気企業ランキング調査」を実施し、その結果を発表しました。

 本記事では調査結果から「理系女子ランキング」の結果を紹介します。多くの支持を集めたのは、果たしてどの企業だったのでしょうか。さっそく結果を見てみましょう!

(出典元:ダイヤモンド・ヒューマンリソース|大学生が選んだ就職人気企業ランキング2023【夏】(2025卒就活前半戦調査)を発表しました)

第2位:資生堂

 第2位は「資生堂」でした。化粧品業界において国内の売上高トップを誇る企業で、その圧倒的なブランド力を武器に、現在は約120カ国・地域で事業展開し、着実に市場を拡大。2023年1月には約9年ぶりの社長交代がありましたが、中国地域のトップとして中国事業をけん引してきた藤原憲太郎さんが新社長ということで、今後ますますグローバル事業の発展が期待できそうです。

 そんな資生堂には、基礎研究や製品開発をおこなう「Research & Development」をはじめ、機械・電機からバイオまで、あらゆる理系の専攻を生かせる職種があります。

(広告の後にも続きます)

第1位:森ビル

 第1位は「森ビル」でした。六本木ヒルズや表参道ヒルズを手掛けた総合ディベロッパーで、近年は虎ノ門ヒルズ駅直結の虎ノ門ヒルズ ステーションタワーなどを建設し、虎ノ門ヒルズエリアのさらなる発展に努めています。また2023年10月24日には、約330メートルという日本一の高さを誇る麻布台ヒルズを開業するなど、話題に事欠きません。

 そんな森ビルは2022年度の実績として、正社員の女性比率が30%以上であったり、育児休業取得率が男性90.3%・女性100%であったりと、サステナビリティの取り組みにも積極的です。