好きな「デジタルカメラメーカー」人気ランキング! 2位は「Nikon」、1位は?【11月30日はカメラの日】

 本日11月30日は「カメラの日」です。1977年の今日、小西六写真工業(コニカ)が世界で初となるオートフォーカスを備えたカメラを発売しました。世界初のオートフォーカス機能搭載カメラ「コニカ C35 AF」の登場で、誰でも写真が撮りやすくなりより身近な存在に。現在まで続くカメラの進化に大きな影響を与えた名機として、記念日が定められました。

 今回は「カメラの日」を記念して、「好きな『デジタルカメラメーカー』人気ランキング」(2023年5月ねとらぼ調べ・回答数614票)を紹介します。

 日本が世界的シェアをほこる「カメラ」ですが、製造しているメーカーはそれぞれに得意な技術があり、特色豊かな商品を開発しています。はたして、多くの人から人気が高いのは、どのメーカーだったのでしょうか?

第2位:Nikon(ニコン)

 第2位は「Nikon」でした。Nikonは、フィルムカメラの時代から人気の高い老舗メーカーです。2018年にはファン待望のFXフォーマットのミラーレス一眼が発売され、2021年12月にはフラッグシップモデル「Z9」も発売されました。

 寄せられたコメントの中には「品質や信頼感が抜群で、そのままの空気感を写し込んでくれます。動物の毛なみを撮るなら、Nikon以外は考えられませんね」というものがありました。安定した品質を誇るNikonだからこそ、いまだに高い人気を維持していることがわかります。

(広告の後にも続きます)

第1位:PENTAX/RICOH(ペンタックス/リコー)

 第1位は「PENTAX/RICOH」でした。「PENTAX」と「RICOH」は、いずれも「Nikon」に並ぶフィルム時代からの老舗メーカー。もともとは別の企業でしたが、現在PENTAXはリコーイメージングのブランドとして存続しています。

 日本で初めて一眼レフを作り上げたPENTAXは、「一眼レフの未来を創る」というビジョンを掲げ、他社がミラーレス一眼を展開していく中、一眼レフを作り続けていくことを表明。光学ファインダーへの強いこだわりを持っています。

 コメント欄には「PENTAXが大好きです。快適で高級なペンタプリズムが撮影プロセスを楽しくしてくれます。この時代に一眼レフカメラに投資してくれるメーカーがあることは本当に素晴らしいですね」といった声が寄せられ、一眼レフにこだわるメーカーの姿勢を応援しているファンがいることがうかがえます。