ナイキは、2023-2024年の駅伝シーズンに向け、シューズとアパレルからなる「EKIDEN PACK」コレクションを、2023年12月1日よりナイキのメンバー先行で発売します。今回のコレクションは、レース当日に着用するレーシングフットウェアや、日々のトレーニングで活躍するフットウェア、およびアパレルで構成されています。

 

シューズのラインナップは5種類!

陸上部のコーチとアスリートによって創設されナイキは、ランニングに深いルーツを持っています。今日でも、ランニングはナイキの根源であり、駅伝シーズンは、アスリートがパフォーマンスの限界を超え、ランニングが世界を前進させる力を持っていることを示してくれる、日本で最も刺激的なスポーツシーズンのひとつです。創業当時から変わらず、ナイキは、常にアスリート(※)の声に耳を傾け、ランナーのパフォーマンス向上を目指してプロダクト開発をしていますが、日本の駅伝ランナーも例外ではありません。

※:IF YOU HAVE A BODY, YOU ARE AN ATHLETE(身体さえあれば誰もがアスリートである)共同設立者ビル・バウワーマン

 

今回のEKIDEN PACKには、秋の駅伝シーズンから新年に向け、多くのランナーが駆け抜けるレースに向けたデザインが施されています。ナイキのレーシングシューズの速さを象徴するようなピンクとボルトカラーを使ったデザインで、それぞれのプロダクトには駅伝からインスピレーションを得た様々なグラフィックが施されています。

 

EKIDEN PACKのフットウェアは、レース本番用から日々のトレーニング用まで活躍してくれる幅広いモデルたち。レース本番シューズとして、これまでのランニングの常識を大きく変え、様々な記録を打ち立ててきた「ナイキ アルファフライ 2」と「ナイキ ヴェイパーフライ 3」には、ピンクとボルトの左足と右足で異なるカラーが採用されています。速さと耐久性に優れ、トレーニングなどで着用する「ナイキ ズーム フライ 5」、様々なレベルのランナーに対応し、日々の練習にも適した「ナイキ ペガサス 40」、そして、柔らかいフォームとズーム エア ユニットを搭載し、反発性にも優れ、トレーニングやレースに最適な「ナイキ ライバル フライ 3」など、幅広いランナーのニーズに寄り添ったシューズが含まれています。


↑「ナイキ アルファフライ 2」4万150円(税込)

 


↑「ナイキ ヴェイパーフライ 3」3万6850円(税込)

 


↑「ナイキ ズーム フライ 5」2万900円(税込)

 


↑「ナイキ ペガサス 40」1万7600円(税込)

 


↑「ナイキ ライバル フライ 3」9900円(税込)

 

アパレルに関しては、パッカブルジャケットとTシャツが展開されます。これらのアパレルもシューズと同じグラフィックが使われ、駅伝のたすきをイメージしたラインやリフレクターを使ったデザインが施されています。

 

EKIDEN PACKコレクションは、12月1日からナイキメンバー先行で、NIKE アプリ、NIKE.COM、NIKE直営店で発売し、その後12月8日からその他の販売店などで順次発売予定です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】