アップル、新チップ「M4」発表。“アップル史上最もパワフル”なニューラルエンジン搭載

アップルは、Appleシリコンの最新世代となる「M4」を発表した。最新世代のiPad Proに同チップが搭載される。

第2世代の3ナノメートルテクノロジーを採用。新たなディスプレイエンジンによって、同時発表されたiPad Proが搭載する有機ELディスプレイ「Ultra Retina XDRディスプレイ」での色表現や高輝度を実現させるという。

GPUは前世代「M3」でのGPUアーキテクチャを基盤に、新たに6個の高効率コアを搭載。4つの高性能コアとの合計10コア構成を採用し、1世代前のiPadが搭載する「M2」チップと比較してCPU性能が最大50%、GPU性能では4倍高速になったとのこと。一方で、1ワットあたりのパフォーマンスが業界トップクラスという低消費電力も実現している。

加えて、アップル史上で最もパワフルだというニューラルエンジンを搭載。毎秒38兆回で演算処理ができる。これは、A11 Bionicに搭載した最初のニューラルエンジンの60倍に当たる性能だと説明している。

こうしたM4チップによって、iPad Proの排熱性能も約20%向上。また、M2チップ搭載の前世代iPad Proと比べて最大4倍高速に、初代iPadとの比較では最大10倍高速になったという。

Source: Apple