ニップン、8月1日納品分から値上げ、家庭用小麦粉の価格は約3%から4%上昇

ニップンは8月1日納品分から、家庭用製品価格を値上げする。

【関連記事】モスバーガー、一部ドリンク値上げ、5月22日から「コーヒー」「紅茶」各サイズ10円、「オレンジジュース」40円値上げなど

改定内容は、メーカー希望小売価格(税別)で、家庭用小麦粉を約3%から4%値上げ、家庭用ミックスを約3%から4%値上げ、家庭用パスタ・パスタソースを約3%から6%値上げ、家庭用食品類・乾麺を約2%から21%値上げする。メーカー希望小売価格の設定がない製品は参考小売価格の改定率。家庭用食品類はオリーブオイル、ドレッシング、ドライイースト等を含む。

価格改定は、「輸入小麦の政府売渡価格が2024年4月1日から改定されたこと、原材料費、包装資材費、動力燃料費、物流費等のコスト上昇や為替の影響を受け」実施する。