福岡ソフトバンクホークスの本拠地は「みずほPayPayドーム福岡」に

 みずほファイナンシャルグループ、PayPay、福岡ソフトバンクホークスの3社は、福岡ソフトバンクホークスが運営するプロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の本拠地である「福岡ドーム」(福岡県福岡市)の施設命名権(ネーミングライツ)に関する契約を締結し、同施設の名称を4月25日から「みずほPayPayドーム福岡(略称:みずほPayPayドーム)」に変更した。なお、今回の「福岡ドーム」名称変更は、プロ野球球場の1軍本拠地における国内初の連名ネーミングライツ契約となる。

●2024年4月25日から新ネーミングで稼働中



 みずほファイナンシャルグループと福岡ソフトバンクホークスは、2008年からスポンサー契約を締結しており、協賛試合や各種イベントの開催、みずほプレミアムシートの提供などを通じて福岡ソフトバンクホークスが目指す「世界一のエンターテインメント企業」の実現に向けて連携してきた。

 一方、PayPayと福岡ソフトバンクホークスは、2019年にチームスポンサー契約、2020年からネーミングライツ契約を締結しており、「福岡PayPayドーム」および隣接するエンターテインメント施設「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」を含む周辺施設での「PayPay」導入、各種キャンペーンの実施を通じて、プロ野球観戦や周辺地域のキャッシュレス決済の導入に取り組んでいる。

 今後は、みずほファイナンシャルグループとPayPayが一丸となって、福岡ソフトバンクホークスの目指すビジョンの実現を、さらに強力に後押ししていく。