小型SUV「キャシュカイ」に採用、日産の次世代コネクテッドサービスの中身

日産自動車はコネクテッドサービス「ニッサンコネクト」の次世代版を欧州向け小型スポーツ多目的車(SUV)「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルに採用する。今後も大型SUVや電気自動車(EV)を皮切りに幅広いモデルに採用を拡大する。

ニッサンコネクトはアプリケーションからの行き先設定やリモートエアコンなどの機能を家族のIDと共有し、管理することが可能。新たなディスプレーデザインで直感的な操作や情報認知を可能にし、運転中のストレス軽減や運転に集中できる環境を提供する。

窓の閉め忘れや車から離れている間にドアが開けられた場合に、アプリのプッシュ通知で車両状態を知らせる機能なども充実している。

【関連記事】 日産が新しいクルマ作りで必ず頼りにする機械メーカー