新庁舎・新駅ビル…神戸・三宮で大規模再開発が動き出した

神戸市の中心部である三宮エリア(中央区)で、大規模な再開発事業が動き出した。神戸市役所の新庁舎や高速バスターミナルを備えた再開発ビル、JR西日本の新駅ビルといった超高層ビルが相次いで建設される。神戸市では1995年の阪神・淡路大震災の影響で、長らく再開発が停滞。関西の中でも大阪や京都と比べて中心部の整備が大きく遅れていた。震災から30年近くを経て、ようやく新しい都市の姿を現し始めた。(神戸・石宮由紀子、同・会津陸人、大阪・村田光矢)

三宮地区の再開発構想そのものは、阪神・淡路大震災前までさかのぼる。しかし震災で立ち消えとなり、まちづくりの最優先課題は再開発から復興へと移行してしまった。

神戸市都市局都心再整備本部の高倉透氏は「(神戸市中南部の)長田区が大きな被害を受けるなど、まずは安心安全な生活を送れるように市域を整えなければならなかった。そのため神戸の未来を作る取り組みが遅れてしまった」と振り返る。結局、神戸市が三宮再整備基本構想を発表したのは2015年。震災から20年も待たなければならなかった。

JR三ノ宮駅の新駅ビル開発地

その再開発計画がようやく動き始めた。JR三ノ宮駅東側の神戸市中央区役所などが建っていた神戸三宮雲井通5丁目地区を、中・長距離バスのターミナル拠点にする再開発ビルが昨秋着工。さらにJR西日本の駅ビルがこの3月に起工式を行ったばかりだ。

震災で上層階がつぶれたため下層階のみ使用し続けていた神戸市役所本庁舎2号館も、20年にようやく解体工事に着手し、25年には新庁舎を着工する計画だ。これらが30年までに相次いで完成し、三宮の街並みが様変わりすることになる。

雲井通5丁目の再開発ビルは1階部分にバスの乗降場を整備。三宮駅周辺に散在するバス停を集約することで乗客の利便性を向上する狙い。そのほか低層階に商業フロアと文化ホール、中層階に図書館やオフィス、高層階にホテルを誘致。さらに10階屋上には屋上庭園を整備するなど、国際競争力を高める都市機能を導入する。

神戸市役所1号館(左)の手前に2号館を建設する(完成イメージ、今後変更となる場合あり)

一方、神戸市役所本庁舎2号館の新庁舎は28年度の完成を予定する。市役所の機能のほか、オフィスやラグジュアリーホテルなどが入居する複合型施設にする。「市役所とホテルやオフィスが入居するのは、全国的に珍しいのではないか」(高倉氏)という。駅から神戸港に向かうメーンストリートの中間地点に位置するだけに、集客機能を持たせる。市内最大規模となる約2万2300平方メートルのオフィスも有する。

JR西も三宮のオフィス需要に期待している。新駅ビルには商業施設やホテルとともに、オフィス空間を約7000平方メートル確保。JR西が掲げる「ワークプレイスネットワーク」の中核の一つに位置付け、「新しい価値の提供を目指していきたいと考えている」(JR西)という。近隣の都市圏との相乗効果を発揮することで、関西全体の活性化に貢献する方針だ。

一方、神戸市の中心部では三宮のほか、兵庫県庁が立地する元町エリアでも再整備が検討されている。23年5月に県と神戸市、JR西で構成される「元町周辺まちづくり研究会」が発足し、議論が始まった。

元町の再整備の主要テーマは、県庁周辺の県有地の土地活用と元町の回遊性向上。もともとは老朽化で耐震強度が不足する県庁舎の1、2号館を建て替えて再整備する計画だったが、斎藤元彦兵庫県知事がこの計画を撤回した。26年度から解体し、その跡地は暫定的に市民緑地として整備される計画になっている。