ボルボが変更、小型SUV「XC40」の仕様

ボルボ・カー・ジャパン(東京都港区、不動奈緒美社長)は、コンパクトスポーツ多目的車(SUV)「XC40」のマイルドハイブリッドモデルの仕様を一部変更し、発売した。ハイエンドグレードの呼称を「アルティメット」から「ウルトラ」に変更。ボディーカラーに「サンドデューン」を追加した。消費税込みの希望小売価格は549万円から。

直列4気筒のガソリンエンジンと電気モーターを搭載。エンジンは総排気量1968cc。燃費(WLTCモード)は前輪駆動のモデル「プラスB3」が1リットル当たり14・8キロメートル、全輪駆動のモデル「プラスB4AWD」「ウルトラB4AWD」が同14・2キロメートル。プラスB3とプラスB4AWDは「セーフティヘッドレスト」を標準装備した。

プラスB3をベースに本革シートなどを採用した特別車「プラスB3セレクション=写真」も300台限定で販売する。消費税込みの希望小売価格は579万円。