【今年中に買うべき傑作G-SHOCK】完成度に驚き!タフネス、多機能…「新マッドマスター」を土砂降りの中で使ってみたの画像一覧

新しい時代を迎え、長らく買い控えていた時計コレクターたちの購買意欲をそそる話題作ばかりだった2023年の腕時計業界。まだまだコレクションに加えるべきモデルは残っているはず。今のうちに手に入れておきたい、モデルを紹介します。今回は、G-SHOCKの新マッドマスターをチェックしていきましょう。

インジケーターを新設し使い勝手も進化した

G-SHOCKにおいて、瓦礫や土砂が山積・散乱するような極限の陸上での使用を想定して開発されたマッドマスター。レスキュー隊員やメカニックなど多くのプロフェッショナルに愛されてきたこのシリーズから、新作「GWG-B1000」が登場した。

最大の特徴は、3時位置にロケーションインジケーターを新設したことだ。方位計測モード時、アプリで設置した地点の方角を指針。北を示す秒針と詳細な方位角を示す液晶画面を組み合わせれば、現在の向きや目指すべき方向を確認できる。また、もうひとつの9時位置のインジケーターでは気圧差や高低差を示すことが可能で、自分が置かれた状況を直感的に理解できるよう進化している。さらに、従来モデルと同様に防塵・防泥構造やカーボンコアガード構造、トリプルセンサー、マルチバンド6電波ソーラーを採用するほか、今作では新たにブルートゥースを搭載。スマホと連携すれば多彩な操作設定や情報確認を行えるようになった。

圧倒的なタフネスと数多くの先進機能を融合させ、新設したロケーションインジケーターやスマホとの連携で使い勝手をも向上。最新マッドマスターの完成度は驚くべき水準にある。

G-SHOCK

GWG-B1000-1AJF

¥121,000

問い合わせ:カシオ計算機 お客様相談室 TEL:0120-088925

金属パーツによる強固な外装で高い耐久性と装着性を実現したマッドマスター。電波ソーラーやトリプルセンサー、アプリとの連携で目的地の方向確認に役立つ機能を搭載する。ケース径 52.1mm、20気圧防水、タフソーラー

(広告の後にも続きます)

土砂降りの中で使ってみた!


あいにくの土砂降りの中、新マッドマスターのレビューを実施!さまざまな状況下で使ってみた。


方位計測モードでは秒針が北の位置を示し、3時位置のインジケーターが記録した方位を表示。視界が悪くても目的方向を認識できた。


マッドマスターだからチリや泥に強いし、20気圧防水で防水性も確か。着用したまま渓流に入るようなことがあっても安心できる。


液晶は背面から、文字板へは5時位置から明かりを照らすフルオートダブル LEDライト搭載で、薄暗い時間帯でもしっかり視認できた。

撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリスト/小林知典