ロケットラボは2024年4月24日(日本時間・以下同様)、韓国の地球観測衛星「NEONSAT-1」とアメリカ航空宇宙局(NASA)の技術実証衛星「Advanced Composite Solar Sail System(ACS3)」を搭載した「Electron(エレクトロン)」ロケットの打ち上げミッション「Beginning Of The Swarm」に成功しました。今回の打ち上げはエレクトロンロケットにとって47回目のミッションでした。

■46回のミッションをまとめた画像


【▲ エレクトロン46回分の打ち上げをまとめた画像(Credit: Rocket Lab)】

こちらは2017年5月25日に実施されたエレクトロンの初飛行ミッション「It’s a Test」から2024年3月21日に実施されたミッション「Live and Let Fly」まで、過去46回のエレクトロンロケット打ち上げの様子をまとめた画像です。「Beginning Of The Swarm」ミッションの打ち上げに先立ってロケットラボが公開しました。

エレクトロンは全長18m・直径1.2mの2段式小型ロケットです。民間宇宙企業の小型衛星やNASAの衛星を打ち上げており、2019年以降はアメリカ国家偵察局(NRO)、アメリカ宇宙軍(USSF)、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)といった安全保障目的の衛星も打ち上げています。また、日本の民間宇宙企業ALE(エール)、キヤノン電子、Synspective(シンスペクティブ)、QPS研究所、Astroscale(アストロスケール)の衛星を軌道投入してきた実績があります。

(広告の後にも続きます)

■「Beginning Of The Swarm」ミッション打ち上げの様子


【▲ ニュージランドにあるロケットラボの射場から打ち上げられたエレクトロンロケット(Credit: Rocket Lab)】

韓国とNASAの衛星を搭載したエレクトロンは日本時間2024年4月24日、ニュージーランドのマヒア半島にあるロケットラボの発射場から打ち上げられました。発射約9分後、エレクトロンの第2段機体とキックステージ(複数の衛星を異なる高度の軌道へ投入する機器)を分離。NEONSAT-1は発射50分後に高度520kmの地球周回軌道へ投入、ACS3は発射1時間45分後に高度約1000kmの軌道に投入されました。