ゴールデンウィークにイクラやカニをリーズナブルに、くら寿司が5月1日から期間限定で

 くら寿司は5月1~6日の期間、「味付いくら」を特別価格で提供するとともに、「豪華かに三種盛り」や「ボイル本ズワイガニ大(一貫)」のほか、「極みの逸品」シリーズから「贅沢かに盛り合わせ」などを販売する「いくらと極上かに」フェアを、全国の「くら寿司」店舗で開催している。

●「味付いくら」は2貫115円



 味付いくらは、担当バイヤーが実際に産地に赴いて厳選した鮮度の良いイクラを、特製の醤油ベースのタレに漬け込むことで、濃厚なコクとプチっとした食感を楽しめる。

 今回のフェアでは期間中、115円(2貫)で味わうことができる(価格は店舗によって異なる、以下同)。

 豪華かに三種盛りは、水揚げ後すぐに茹でるなど旨みを逃がさない特別な方法によって加工されたカニの開きと棒肉、ふわふわ食感で上品な味わいのカニ身と、1皿で3種のカニを食べ比べられる。価格は390円(持ち帰りは不可)。

 ボイル本ズワイガニ大(一貫)は、本ズワイガニの中でも特に大きい棒肉を厳選して提供する。価格は280円。

 極みの逸品シリーズから登場する贅沢かに盛り合わせは、濃厚な旨みを味わえるカニを使用した「かに開き」×2貫や「かに棒肉」×2貫、ふわふわ食感で上品な味わいの「かに身」、たっぷりのカニ身と濃厚な味噌がクセになる「かに味噌和え」の5種を、1皿に盛り合わせたメニュー。価格は1490円(持ち帰りは不可)。

 ほかにも、全体で1%しか獲れない希少な大型のアルゼンチンアカエビを使用した「特大天然赤えび(一貫)」(価格は165円)や、上質な脂の乗ったサーモンをたたき加工することで、よりとろける食感に仕上げ、生姜がアクセントの醤油ベースのタレに漬け込むことで、濃厚な味わいを楽しめる「とろけるサーモン」(2貫で同115円)も用意している。