【今大注目の軽トラ】抜群の使い勝手で一般ユーザー人気も上昇中!「スズキ キャリイ」が一部改良&特別仕様で登場の画像一覧

スズキは、軽トラック「キャリイ」(キャリイ、スーパーキャリイ、キャリイ特装車)」を一部仕様変更して、4月19日から販売を開始した。広く使い勝手のいいデッキ(荷台)や頑丈な車体を持つ軽トラック「キャリイ」は、小回り性もいいことから、このところ一般ユーザーからも注目されているが、今回の一部仕様変更でますます人気が高まりそうだ。

現行モデルで11代目となるロングセラーモデル

スズキ キャリイは1961年に初代モデルが登場した軽トラック(デビュー当時の車名はスズライト キャリイ)。以来、半世紀以上にわたって日々の生活を支え続け、現行モデルで11代目となるロングセラーモデル。かつてラインナップされていた軽ワゴンはスズキ エブリイとして独立し、こちらも人気を集めている。

「キャリイ」は、広いデッキ、頑丈な車体、使い勝手の良いインテリアといった伝統的な基本構造を変えることなく進化を続け、とくに優れた小回り性、扱いやすく力強いエンジンが高く評価され、現在はマツダや日産、三菱にもOEM供給されている。


「スーパーキャリイ」は、キャリイをベースに室内空間(キャビン)を拡大させたラージキャブ仕様の派生モデルで、2名乗車としてゆとりのある居住スペースを実現し、室内にも荷物を置けることから、広く一般ユーザーのニーズを獲得している。


このほか、キャリイをベースに、頑丈ダンプや浅底ダンプ、保冷車、垂直式ゲートリフターなどに架装した「キャリイ特装車」もラインナップされる。

(広告の後にも続きます)

キャリイが一般ユーザーにも使われ始めていることを実感

今回の一部仕様変更では、安全性を強化し、「後方誤発進抑制機能」に「ブレーキ制御機能」を追加。「キャリイ」「スーパーキャリイ」は、スズキ セーフティ サポートが全車標準装備となったことが大きなポイントとなる。


また、電波式キーレスエントリーやパワードアロック、パワーウインドーを全車標準装備としたほか、5MT車には停車時アイドリングストップシステムを搭載し、キャリイ KXとスーパーキャリイ XのヘッドランプをLED化、さらにキャリイ KX、スーパーキャリイ X、Xリミテッドに電動格納式リモコンドアミラーを採用するなど、一般ユーザーへの拡大をふまえ、快適装備の充実も一気に進められている。


ボディカラーにオシャレな「デニムブルーメタリック」が新たに追加され、スーパーキャリイに特別仕様車「Xリミテッド」が継続してラインナップされたことも、キャリイが一般ユーザーにも使われ始めていることを実感させる。


「キャリイ特装車」においては、頑丈ダンプ、浅底ダンプ、清掃ダンプ、リフトダンプの4WD 5MT車にデフロック機構を追加している。

車両価格(税込み)は、「キャリイ」がKC 2WD 5MT仕様の¥1,117,600から、KX 4WD 4AT仕様の¥1,524,600。「スーパーキャリイ」がL 2WD 5MT仕様の¥1,236,400から、Xリミテッド(特別仕様車) 4WD 4AT仕様の¥1,743,500。「キャリイ特装車」が金太郎ダンプ 4WD 5MT仕様の¥1,480,600からとなっている。