【新型車】ヒョンデ初の高性能EV「IONIQ 5 N」発売へ、予定価格は900万円前後

韓国・Hyundaiが、メーカー初となる高性能EV「IONIQ 5 N」と特別仕様車「IONIQ 5 N First Edition」を発売。サーキット走行でもエモーショに意のままに操れるドライバビリティが実現されています。アクセル操作と聴覚が連動した加速体験により、より高揚感のあるドライブに。

ドライビングの楽しさを追求した高性能EV

Hyundai初となる、高性能EV「IONIQ 5 N(アイオニック ファイブ エヌ)」。期間限定の特別仕様車「IONIQ 5 N First Edition」も展開されます。

高性能ブランド「N」の名前は、R&D拠点の所在地の韓国・南陽とともに開発テストの舞台であるドイツ・ニュルブルクリンクに由来。ドライビングの楽しさが追求され、「Corner Rascal」「Racetrack Capability」「Everyday Sportscar」を3つの柱にさまざまな「N」モデルが展開されてきました。今回発表された初のEVモデル「IONIQ 5 N」では、電動化しても変わらないドライビングの楽しさを探求。モータースポーツやRolling Lab(ローリングラボ)で蓄積された最新技術が詰め込まれています。

EVのハイパフォーマンスカーとして、サーキット走行でもエモーショナルに意のままに操れるドライバビリティが実現されています。また「N Active Sound+」が搭載されたことで、アクセル操作と聴覚が連動した加速体験が可能に。より高揚感のあるドライブを堪能できます。

最高出力は478kW(650ps)、最大トルクは770Nmを発生。「Nローンチコントロール」により最高速度は260km/hに達し、0-100km/h加速は3.4秒(NGB)で可能となりました。一定時間のみバッテリーとモーターのパフォーマンスを向上し最大出力をアップさせる「NGB」も搭載されています。バッテリー容量は84kWhで、「N Battery Pre-Conditioning」がサーキットの走行状況に合わせた最適なバッテリー温度を事前に設定してくれます。

エクステリアは、専用デザインのバンパー、ディフューザー、サイドスカート、ホイールなどがプラスされています。

車名/IONIQ 5 N
価格/900万円前後(予定価格)
ボディサイズ/全長4715×全幅1940×全高1625mm、ホイールベース:3000mm
タイヤ/275/35R21
最高出力/フロント:175kW、リア:303kW、システム合計:NGB使用時478kW、通常時448kW
最大トルク/NGB使用時770Nm、通常時:740Nm
ブレーキシステム/フロント:ベンチレーティッドディスク式/21”、リア:ベンチレーテッドディスク式/19”
回生ブレーキ/減速度最大0.6G
0-100km/h/3.4秒(N Grin Boost使用時)
最高速度/260km/h

●Hyundai Mobility Japan