「絶対にウマいカップ麺」マニアが薦める、今しか食べられない冬の限定3選【最高評価は旨味マシマシ、最後の一滴まで楽しめる完成形】の画像一覧

インスタントラーメンハンターの大和イチロウです。私はインスタントラーメンを36年間、365日食べ続け、今までに計25000食を味わってきたマニアであり、最近では「中の人」としてもカップ麺や袋麺を監修する日々を過ごしております。そんなマニア目線で、インスタントラーメンの最新情報をお届けするこの企画。

一気に冬の足音が聞こえてきましたが、それと同時にラーメンの美味しい季節もやってきました! この寒くなる時期にピッタリのガチで選んだ年内に食べたい限定カップ麺3選をチョイスしました。ぜひご覧ください。

1.「セブンイレブン 極麺処 新潟背脂煮干し醤油」(ヤマダイ)

「セブンイレブン 極麺処 新潟背脂煮干し醤油」(ヤマダイ) ¥358(税抜)434kcal

今最も注目のメーカー「ニュータッチ」からセブンイレブンで数量限定発売されているカップ麺がコレ「極麺処(きわみめんどころ)」シリーズ。今回は新潟のご当地ラーメン背脂を使った煮干し醤油です。なかなか贅沢な雰囲気。


いわゆる燕三条エリアで広がったこのテイストですが、特徴は食べ応えある麺といつまでも冷めない程の脂の量、そして玉ねぎをトッピングするスタイル。最近チラホラ見かける「レトルト具材」が今回の主役。


本格的なレトルトのチャーシューはごちそう感が高まります。背脂と玉ねぎがしっかりと入っているのでまさに燕三条系ラーメンを踏襲しています。


まず香るのが「煮干し」。そしてガッツリ油膜がスープ表面を覆います。ポークベースの力強さに芯のある醤油の香り、何よりも魚介とポークのバランス良い旨味がなんとも贅沢な一杯を演出しています。


燕三条系の実店舗のモノよりは細く感じますが、カップ麺の中では極太麺です。何よりそれを補う「コシ」! 噛みごたえある食感は濃厚なスープとよくマッチしてとても美味しいです。

「セブンイレブン 極麺処 新潟背脂煮干し醤油」レビュー

【計18/25点】

スープ・・・・・★★★☆☆

麺・・・・・・・★★★★☆

具・・・・・・・★★★★☆

作りやすさ・・・★★★☆☆

コスパ・・・・・★★★★☆

【総評】

燕三条エリアは金属加工の工場が多く、夜まで働いていた人たちの空腹を満たすよう濃厚&ボリュームをテーマにしたラーメン。表面の脂がスープの蓋の役割をし、いつまでも温かく食べられるのが特徴。この寒い冬にぜひ。

(広告の後にも続きます)

2.「日清カップヌードル 北海道ミルクシーフー道ヌードル」(日清食品)

「日清カップヌードル 北海道ミルクシーフー道ヌードル」(日清食品) ¥236(税抜)393kcal

こちらも冬の恒例カップ麺「ミルクシーフードヌードル」です。これが棚に並ぶと「ああ冬が来たなぁ」と季節感を感じることができます。2007年にネットの口コミから生まれた冬の限定商品です。


お馴染みのカニ風味かまぼこやイカは安心安定の具材。時間とともにスープに溶け込んでくる海鮮の旨味マシマシが最後の一滴まで楽しめる憎いやつ。


北海道産の粉乳を使ったクリーミースープが大きなポイント。コクの深みと濃厚なテイストがいつものシーフードヌードルと大きな違い。ミルク本来の良さを素直に引き出しているのが好印象です。


クリーミーで魚介と豚骨のシーフードスープが麺によく絡むような仕様になっていて、麺を噛むごとに旨みがお口いっぱいに広がっていきます。もういじるところがないほぼ「完成形」ではないかと感じています。

「日清カップヌードル 北海道ミルクシーフー道ヌードル」レビュー

【計21/25点】

スープ・・・・・★★★☆☆

麺・・・・・・・★★★☆☆

具・・・・・・・★★★★★

作りやすさ・・・★★★★★

コスパ・・・・・★★★★★

【総評】

ちなみに私はお湯の代わりにミルクで作るのが定番です。戻し時間が通常より1〜2分伸びますが、濃厚なクラムチャウダーのようなテイストになります。これもケッコウおすすめですよ~。