「お父さん、遺言書いて」妹が病床の父親に衝撃の指示。遺産独占をもくろむも「まさかの展開」に…

<前編のあらすじ>

母の死後、急速に衰えた父の面倒を献身的に見てくれた5歳下の妹のなつみに、最初のうちは妻ともども、心から感謝していました。勤務医の私たちはコロナ禍以降、休みも満足に取れない状態が続いていて、正直、父のケアまで手が回らなかったからです。

しかし、妹は次第に身勝手な振る舞いを始め、周囲を戸惑わせるようになりました。

父の入居する施設に不満を募らせていたのでやんわりなだめると、「お兄ちゃんは何もしないくせに」と怒りだし、親戚中に「兄は忙しいからと父の介護を私に丸投げしている」と触れ回る始末です。

妹が預かっていたという父の遺言書

極めつけは、父の死後に持ち出した遺言書をめぐる騒動です。

父の葬儀と初七日の法要を終えた後、妹がいきなり「お父さんから遺言を預かっている」と言い出しました。「お兄ちゃんとお義姉さんがいる前で開封したい」と事を急ぐ妹を引き止め、「大事なことだから専門家に入ってもらおう」と開業医の妻の父が懇意にしている弁護士に立ち会いを頼むことにしました。

結果的に、妹の持っていた遺言書は家庭裁判所の検認(亡くなった人が自筆の遺言書を残した場合、開封する前に裁判官により遺言書の内容や状態の確認を行う必要がある)の段階で無効であることが判明しました。

遺言書には、ミミズののたくったような字で「全財産をなつみに相続させる」と書いてありました。父が書いたものなのかもしれませんが、作成日時や押印もなく、成立の条件を満たさなかったのです。

(広告の後にも続きます)

「遺言書は無効」を知った妹は?

弁護士から無効の報告を受けた際、妹は「何それ?」と怒りで体を震わせながら、「ここに書いてあることがお父さんの遺志なのに」と怒鳴り散らしました。

それにしても、私自身、まさかこのような展開になるとは予想もしていませんでした。生前の父からはむしろ逆のことを言われていたからです。「家や財産は長男のお前に引き継がせる。でも、なつみに何かあった時は援助してやってほしい」。戦中派の父は昔気質の考えの持ち主で、私を跡継ぎ息子と考えていたのでしょう。

妹は子供の頃からお父さん子で父にべったりでしたが、比較的裕福だった両親に蝶よ花よと育てられたこともあり、金銭に執着するタイプではなかったはずです。しかし、大事な父のこととあって意固地になっているのかもしれないと思いました。妹と骨肉の争いになるのは避けたかったので、先の弁護士に引き続き間に入ってもらうことにしました。