3月の土日は前年より2日多かったが、苦戦を強いられたところが多かった。

 主要ホームセンター(HC)の2024年3月の月次業績が出揃った。ケーヨーがDCMホールディングスの子会社となったことから、新年度がスタートする2024年3月から、月次業績の発表をしなくなったために、企業数は10社となっている。なお、DCMの既存店ベースの業績にはケーヨーは含まれていないが、全店ベースでは含まれている。

 3月の土日は前年より2日多かったが、苦戦を強いられたところが多かった。

 既存店ベースで1.9%増とプラスとなったコーナン商事によると、日回りによる影響は+2.15%としており、実質的にはマイナスだ。600店舗達成記念セールの影響もあり、日用消耗品やペット用品などが売上を牽引し、雨天が多かったことから、合羽、長靴などの作業用品も好調に推移した。一方、気温が低かった影響で、園芸用品や園芸植物、レジャー用品などが不調だった。なお、コーナン商事の全店ベースの売上高には、23年6月からホームインプルーブメントひろせの数値を含めている。

 4.8%減となったコメリは、3月は全国的に気温が低く、春の農作業やガーデニングに遅れが見られ、肥料・農薬・農業資材や花苗・ガーデニング資材の販売が低調だったとしている。灯油抜きの既存店売上高は7.8%減となった。

 4.3%増のジョイフル本田は、20日締めのため、2月29日の閏日がプラスに働いた。

 ハンズマンの全店売上高は23年10⽉にオープンした松原店の売上がプラスに働いている。

 なお、3月に期末を迎えたコメリの全店ベース売上高前年同期比速報は2.4%減、既存店ベースでは3.1%減だった。

 同様にナフコの全店ベースは5.1%減、既存店ベースは5.0%減となった。

主要HCの3月の売上増減(%)

社名/業態 既存店 全店
売上高 客数 客単価 売上高
コメリグループ計 ▲ 4.8 ▲ 8.9 4.6 ▲ 3.7
PW ▲ 4.6 ▲ 7.9 3.6 ▲ 3.7
PRO ▲ 1.5 ▲ 2.1 0.7 30.5
H&G ▲ 4.9 ▲ 9.4 5 ▲ 4.1
DCMホールディングス ▲ 5.3 ▲ 9.1 4.2 17.9
コーナン商事(連結) 1.9 ▲ 2.0 4 11.1
アークランズ(専門店含む) 7.5 ▲ 0.6 8.2 8.2
ナフコ ▲ 7.3 ▲ 11.0 4.1 ▲ 6.9
アレンザホールディングス 1.3 ▲ 2.5 3.9 4.1
内HC事業 1.2 ▲ 2.6 3.9 3.7
ジョイフル本田 4.3 ▲ 1.2 5.6 8.7
ジュンテンドー(HC店舗) ▲ 3.2 ▲ 8.4 5.6 ▲ 2.2
ハンズマン 1.4 -1.2 2.6 13.7
イオン九州(HC業態) ▲ 4.0 ▲ 6.6

※コメリとコーナン商事の数値は速報値