JMUが引き渡し、コンテナ船「ワンハイ370」の仕様

ジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区、灘信之社長)は、シンガポールのワンハイラインズ向けに津事業所(津市)で建造していた総積載量3055TEU(20フィートコンテナ換算)のコンテナ船「ワンハイ370=写真」を引き渡した。アジア発着とアジア域内での海上輸送量の増加に伴い、中長距離の定期航路への投入を想定する。全長203・5×幅34・8×深さ16・6メートル。定員25人。