「インボイス制度」により20~30代経理担当者の約4割が“異動・離職”の意向。現場の業務負担増を懸念か

インボイス制度を考えるフリーランスの会は2023年9月22日、「インボイス制度についての意識調査」の結果を発表した。調査期間は2022年12月26日~2023年8月2日で、経理専任・経理兼任・経営者兼経理などを含めて、経理実務に携わっている709名より回答を得ている。本調査により、インボイス制度にともなう業務負担増による「異動・退職・転職」の意向有無や、導入への賛否などが明らかとなった。

大企業で経理担当者の職場離れ意向が顕著に。中小企業では約3割が担当者を失う可能性も

2023年10月より、消費税の仕入税額控除の方式として「インボイス制度」が開始された。インボイス(適格請求書)とは、売手(登録事業者)が買手(課税事業者)に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるもので、買手が消費税の納税額を計算する際に必要となる。売手は、買手に求められた際にインボイスを交付する必要があるが、新たな制度の導入によって、企業の経理部門にはどのような影響があるのだろうか。

まず、インボイス制度を考えるフリーランスの会は、「インボイス制度の導入により、経理の業務は変化・増加することが予想されるが、同制度が原因で経理の仕事を離れたいと思ったことはあるか(調査時点の意向)」を尋ねた。すると、「業務が増えたら退職/転職したい」と「業務が増えたら異動したい」との回答の合計は2割を超えたという。

そこで、同設問の回答を「経理担当者の人数」とクロス集計した。その結果、経理担当者の人数が多い方が「異動」または「退職/転職」を希望する割合が高いことがわかった。

最も割合が高かったのは、経理担当者数が「10~19人」の企業で、「業務が増えたら退職/転職したい」が23.3%、「業務が増えたら異動したい」が20.9%で、合計44.2%となった。このことから同団体は、「大企業の経理は分業化や専門化が進んでおり、担当する部門によってはインボイス制度により煩雑な業務負担をダイレクトに被ってしまうことが考えられる」との見解を示している。

一方で、経理担当者が「1人」の企業では、「業務が増えたら退職/転職したい」が22.8%、「業務が増えたら異動したい」が6.1%で、合計28.9%だった。制度導入により、中小企業の約3割で経理担当者を失う可能性があることも示唆された。

(広告の後にも続きます)

働き盛りの30代で「異動・転職・退職」を望む多くの声

続いて同団体は、「経理担当者の『異動』もしくは『退職/転職』を希望する割合」を年代別で比較した。すると、「30代」では「業務が増えたら退職/転職したい」と「業務が増えたら異動したい」の合計が40.5%と最も多く、以下、「20代」が38%、「40代」が30.1%、「50代」が25.9%と続いた。

これを受けて同団体は、「30代は働き盛りの世代であり、転職もしやすい年代であることから、今後永続的にインボイスに関わらなければいけない経理から『離れる』という選択肢を、十分に持ち得ている層といえる」との見解を示している。