住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)とは?概要やポイントを解説

住宅ローン控除活用のポイント:年末調整でいくら返ってくるのか

住宅ローン控除を活用した場合、年末調整でいくら返ってくるのか、気になっている方も多いでしょう。住宅ローン控除は、通常、所得税から差し引かれる制度です。

所得税に関しては、この控除が「還付金」として、指定された口座に入れられます。申告後、大体1カ月から1カ月半の間に還付され、電子申告を利用した場合は約3週間で還付されるのが一般的です。

前提として、入居1年目は、会社員であっても「確定申告」をする必要があります。時期としては、購入・入居した年の翌年1月1日〜3月15日までです。2年目以降は、年末調整によって還付を受けます。住宅ローンの年末残高の0.7%相当分が、13年間(中古住宅は10年間)にわたって所得税から控除され、還付を受けることになります。

住宅ローン控除の対象となるローン残高には「上限4000万円」などの制限があるため、場合によっては、「住宅ローン控除の還付金額が思ったよりも少ない」といったケースもあります。

(広告の後にも続きます)

まとめ

住宅ローン控除は、所得税が大きく控除される重要な制度です。内容を理解し、効果的に活用しましょう。会社員の場合、初年度は確定申告が求められるため、確定申告について熟知しておくのも重要です。

おすすめの年末調整・法定調書のサービス一覧

年末調整ツールを導入すると、煩雑な給与計算や社会保険手続きが自動化され、管理部門や経営者はより戦略的な業務に集中できます。時間とリソースの節約につながり、業務の効率が向上します。また、ツールの精度により計算ミスが減少し、ストレスの軽減にも繋がります。