寝具ブランドのMorght、YouTuberヒカルのホテルに導入 宿泊者や視聴者に商品訴求

寝具ブランド「NELL(ネル)」を展開するMorghtは4月1日、YouTuberのヒカルが手がける沖縄・宮古島のホテルの全室に「NELLマットレス」を導入したと発表した。高品質の「NELLマットレス」を、発信力のあるヒカルのホテルに提供することで、その情報を知った人や実際に宿泊した人からの購入を目指す。

ヒカルはホテル「HOTEL 385 Project by ReZARD」を開業するに当たり、買収以前のホテルの評判を調べたという。その結果、「マットレスの質」に改善の余地があると判断した。



▲YouTuberのヒカルのホテルに導入

「NELLマットレス」を事務所でメンバーと一緒に使用し、商品の品質の良さを実感したことから、導入を決めた。



▲「NELLマットレス」

「NELLマットレス」は業界最高水準となる1734個のポケットコイルを使用し、包み込まれるような寝心地を実現しているという。背中から腰部分の反発力を高める”センターハード構造”も特徴だ。マットレスが背中を押し、睡眠中の自然な寝返りを助ける。



▲業界最高水準となる1734個のポケットコイルを使用

寝具は実店舗での接客を通じて、商品の購入につなげるケースが多い。だが、モートでは、ECサイトのみで販売することで、実店舗運営の人件費や販管費を省いている。

その結果、業界最高水準のポケットコイルを使用しているにも関わらず、比較的安価での商品販売に成功している。

「ホテルで使用してもらって、お客さんがリアル店舗ではなく、ホテルで『NELL』を体験してもらうことで、オンラインでも購入されやすくなる」(土井皓貴代表)と期待している。

今回、ヒカルが手がけるホテルへの導入を記念し、「NELLマットレス」を全サイズ10%オフで販売するキャンペーンも開始した。ヒカルの動画内で紹介することで、視聴者からの購入にもつなげたい考えだ。