オンワードHD、EC売上6.5%増 OMOサービス導入店舗拡大が増収に寄与

オンワードホールディングス(HD)の2024年2月期の国内EC売上高は、前期比6.5%増の477億1600万円となった。ECサイトの在庫を実店舗に取り寄せて試着・購入できるOMO(オンラインとオフラインの融合)サービスの導入店舗を拡大したことが、増収に寄与した。

EC化率は同0.2ポイント減の29.8%になった。EC売上高に占める自社EC比率は前期と変わらず85.9%だった。

ECサイトの在庫を実店舗に取り寄せて試着・購入できるOMOサービス「クリック&トライ」の導入店舗数は前期末から57店舗増の397店舗、導入率は前期末比16ポイント増の58%となった。同サービス導入店舗の2019年度比の増収率は、未導入店舗と比較して25ポイント増となっている。

ECを主要販路とするD2Cブランドの売り上げも好調だ。オンワード樫山が運営するブランド「UNFILO(アンフィ―ロ)」の売上高は前期比1.9倍となった。