「蓄音機かく語りき」、宗教学者の島田裕巳氏と哲学者の黒崎政男氏が開講

「オーディオ哲学宗教談義」(銀座のオーディオショップサウンドクリエイト主催)で活躍した、宗教学者の島田裕巳氏と哲学者の黒崎政男氏が、講義「蓄音機かく語りき」を朝日カルチャーセンターにて6月8日(土)に開講する。

 

教室に黒崎氏所蔵の蓄音機を持ちこみ、宗教に関係するSPレコードをかけながら、宗教の音楽性、音楽の宗教性について談義を展開する。

グレゴリオ聖歌とご詠歌、般若心経や観音経、白骨の御文など、SPレコードには宗教関係のものが少なくない。サッチモことルイ・アームストロングの歌ではなく説教や、日本の新宗教の代表、生長の家の「神想観」など、珍しいものも取り上げる予定だという。

蓄音機とSPレコードの不思議な魅力にふれつつ、信仰とは何か、祈りとは何かに迫っていく。

受講するには、教室(オフライン)、Zoomミーティング(オンライン)、どちらでも受講できる。

【朝日カルチャーセンター講義「蓄音機かく語りき」概要】

■曜日・時間:6月8日 指定土曜日 16:00 – 17:30

■持ち物:教室受講の方は受講券

Zoomミーティングを使用した、教室でもオンラインでも受講できる自由選択講座(講師は教室)。見逃し配信(1週間限定)はマイページにアップ

■お問い合わせ:asaculonline001@asahiculture.com

■料金:会員3,938円(税込)、一般5,038円(税込)