アップルがAI(人工知能)によって進化した「Siri」を次期iPhone(iPhone 16)に搭載する、とリークアカウントのRevegnusが投稿しています。


↑Siriがパワーアップするかも

 

同社のAI開発に関しては、ブルームバーグが「生成AI(ジェネレーティブAI)をベースとした、より賢いバージョンのSiriがiOS 18やiPadOS 18に組み込まれる」と報道。また、アップルはチャットボット「Apple GPT」を開発しているとも言われています。

 

Revegnusによれば、アップルは大規模言語モデル(LLM)を使ってSiriを完全に刷新し、強力なキラーAIアプリに育てる準備を進めているとのこと。最初の製品は2024年のWWDC(ワールド・ワイド・デベロッパーズ・カンファレンス)で発表され、iPhone 16以降のモデルに標準搭載されるというのです。

 

ブルームバーグのマーク・ガーマン記者は、iOS 18ではSiriとメッセージアプリの連携が刷新され、より複雑な質問に答えたり、文章の補完(オートコンプリート)の精度が向上したりすると以前に述べていました。ほかにも、「Apple Music」のプレイリストを自動生成したり、「Pages」や「Keynote」のような生産性向上アプリに統合され、AIによるライティングやスライドの作成が可能になったりするかもしれません。

 

グーグルといった他社のAIアシスタントと比較して、存在感が薄い気もするSiri。しかし2024年には、大幅に刷新されることになるのかもしれません。

 

Source: Revegnus / X via MacRumors