ナンバーワン経済図書の含意

◆本棚を見れば、その人がわかる

「本棚を見れば、その人がわかる」と言われます。文字通り、星の数ほどある本の中から選んだものを一覧すれば、その人の問題意識や興味・関心、学識など多くの情報が見えてくるというわけです。

下表は、主要メディアが毎年12月頃に公表する経済図書ランキングの最新版です。多数の有識者に推薦書籍を挙げてもらい、ランキングを作成しています。本棚というわけではありませんが、日本を代表する識者達の目下の問題意識等が垣間見える興味深い情報と言えるでしょう。

(広告の後にも続きます)

◆消費のライフサイクル理論

日本経済新聞の第1位は宇南山卓・京都大学教授の「現代日本の消費分析」でした。週刊東洋経済でも3位、ダイヤモンドでも6位にランクインしています。サブタイトルにもなっている「ライフサイクル理論」がテーマです。

この理論は、人々が今年の消費・貯蓄を決める際に、今年の所得だけでは判断しておらず、生涯にわたる可処分所得の合計(同書では「生涯可処分リソース」と名付けています)を前提に判断するはずという考え方に基づいています。ネタバレになるのでここで全容を書くのは避けますが、学術的な内容にとどまらず、日本の消費の実証分析にも取り組み、独自の視点を多く提供しています。