『季刊・アナログ 83号』4/3発売! 横尾忠則特集&「アナロググランプリ」発表号

4月3日(水)より、全国の書店およびオンライン書店にて『季刊・アナログ 83号』が発売となります。小社の販売サイト「PHILEWEB.SHOP」では先行予約も開始中です。

表紙のモデルは日本の精密機械加工技術が生んだアナログプレーヤー、由紀精密の「AP-01」。写真家・馬場道浩氏による、しっとりとした美しい写真です。

83号はアナログに特化したアワード、恒例の「アナロググランプリ」発表号! この1年にリリースされたアナログオーディオの優秀モデルを選びました。全国のオーディオ専門店23店による投票を踏まえ、3月1日に4人の審査委員が集まって審査会を行いました。それらの受賞製品たちを華々しく紹介しております。

巻頭は、美術家・横尾忠則氏のインタビュー記事をお届けしております。インタビューに加えて横尾氏が手がけたアナログLPのアルバムアートもたくさん掲載しております。横尾氏の手がけたジャケット作品を論じる記事は数あれど、ご本人が自らアルバムアートについて語っているのは珍しく、必読ものです。

また、レコードをお持ちの若い世代に向けて、「Z世代の“良い音”体験、アナログレコード再生入門」企画を展開しています。

このほか、『初盤道』の著者として知られる真保安一郎氏による新連載が始まりました! レコードコレクターのお家に突撃取材し、愛聴盤を拝見させてもらう企画です。

新 忠篤氏と飯田有抄氏が、ウエストレックス「10A」の復刻カートリッジ「クラング・クンストKK10A」を聴く企画も掲載。盛りだくさんの内容、ぜひお手にとってお読みください!