積み荷容量拡大、川崎重工がLPG船「GAS GARNET」引き渡し

川崎重工業は8万6700立方メートル型液化石油ガス(LPG)/アンモニア運搬船「GAS GARNET=写真」を引き渡した。従来の8万4000立方メートル型から積み荷容量を拡大。低炭素エネルギーとして活用されているLPGと、脱炭素社会の新燃料として将来活用が期待されるアンモニアを混載して同時に運搬できる。川重が引き渡したLPG運搬船としては74隻目となる。