資金調達に欠かせないIR。IR部門の設置が難しい場合はどうすればいいの?


現代ビジネスでは、以前と比較して資金調達の方法が大きな変化を遂げました。その中で株主との良好な関係を構築するため、IRの重要性が高まっています。本来なら企業内にIR部門を設けることが望ましいのですが、現状では難しい企業が多いかもしれません。そこで今回の記事では、既存の組織にIRを融合させる方法について考えてみます。

資金調達におけるIRの重要性

国内企業の資金調達は、金融機関などの融資から投資家による直接金融にシフトしています。さらにクラウドファンディングのような、まったく新しい資金調達方法も広がりを見せています。そのため、資金を得ようとする企業は、これまで以上に積極的なPRをすることが重要になります。

IR(Investor Relations)とは、株主などの出資者に向けて投資の判断に必要な情報提供に関する活動全般を指します。
企業が戦略的に資金調達するためには、社内外への広報活動とともに、出資者に対するIRを強化する必要があります。普段から出資者との関係性を深めておくことが、今までよりも重視されているともいえるでしょう。

(広告の後にも続きます)

IRの役割とメリット

どのような方法であっても、投資家から出資してもらうためには、それに見合った利益はもとより、投資に値する魅力が企業になければなりません。IRの主な役割は、出資者に対して企業の財務状況や決算状況を報告すること、広告やインターネットで情報公開すること、既存の株主や新規出資者とコミュニケーションをとることなどです。

IRを戦略的に実施することは、企業ブランドや情報の透明性を高めることにつながります。さらに、企業の情報価値がアップし、出資者にとって投資の選択肢になる機会が増えると、最終的に資金調達に結びつくチャンスも大きくなります。その上で株主との絆を深めておけば、企業の財務基盤も強化できるでしょう。