15.6インチ有機ELパネル採用のモバイルディスプレイ2機種、JAPANNEXTから

 JAPANNEXT(ジャパンネクスト)は、15.6インチ有機EL(OLED)パネルを採用した4K(3840×2160)解像度のモバイルディスプレイ「JN-MD-OLED156UHDR」と、タッチパネル搭載の「JN-MD-OLED156UHDR-T」を3月29日に発売した。実勢価格は、JN-MD-OLED156UHDRが5万9980円、JN-MD-OLED156UHDR-Tが6万1980円。

●外出やテレワークなどの場所を選ばない



 新製品は、携帯性に優れ、外出時やテレワークなど場所を選ばすディスプレイを活用できる。有機EL(OLED)パネルは従来のディスプレイと比較して、より自然な色彩(DCI-P3:100%、AdobeRGB:94%)や100000:1の圧倒的なコントラスト比を実現し、深い黒色表現が可能となっている。

 約11mmの薄さと、JN-MD-OLED156UHDRが約700g、JN-MD-OLED156UHDR-Tは約900gの薄型軽量ディスプレイを採用。また、有機EL特有の発光特性により、広い視野角と応答速度の速さを実現し、動きのある映像も滑らかに表示する。HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており、明るい部分も暗い部分もくっきり表現し、リアルに迫った深みのある映像を演出する。

 JN-MD-OLED156UHDR-Tは、10点マルチタッチに対応したタッチパネルを搭載し、画面のスクロールや写真のピンチズームなど直感的に画面の操作を行うことができる。

 インターフェースは、USB Type-C×2、miniHDMI×1とmicroUSB×1を装備。パソコンだけでなく、さまざまな機器との接続が可能。USB Type-Cケーブル1本で電力供給と映像表示が可能となっており、ケーブルまわりがスッキリする。さらに、USB OTGケーブル(microUSB-USB-A変換ケーブル)経由でキーボード/マウスを接続することで、PCモード対応のスマートフォンなどを操作することができる。ブルーライト軽減モードを搭載し、フリッカーフリー設計で目と身体への負担を軽減する。

 75×75mmのVESA規格に対応し、アームなどにも使用が可能。付属の折りたたみスマートケースは、マグネットタイプの着脱式となっており、折りたたむことでスタンドとして使用することができる。また、1.5W×2のスピーカーを内蔵している。