「TRAIN TV」スタート JR東日本の主要10路線、ゆりかもめの車内モニターで放映

 ジェイアール東日本企画は4月1日に、首都圏JR主要10路線とゆりかもめの車両サイネージ(車内モニター)を対象に、新たな番組配信プラットフォーム「TRAIN TV(トレインティーヴィー)」の放映を開始した。

●「タイパ×サイレント」をキーワードとしたオリジナル番組 “電車の中のテレビ局”



 今回の「TRAIN TV」放映開始によって、JR東日本の車内モニターは広告中心の編成から番組中心へ刷新。新しい時代の生活密着メディアとして、より便利に、より楽しく生まれ変わる。

 「タイパ×サイレント」をキーワードに、オリジナル番組を放映することで、毎日利用する電車の中で「今だけ ここだけ 電車だけ」の新たな映像体験を提供する。

 「TRAIN TV」の放映開始にあわせて、山手線沿線を中心とするJR東日本の主要駅や主要路線では交通広告を実施するほか、「TRAIN TV」公式SNSにおいて最新の番組情報を発信していく。さらに、4月1日から期間限定で、JR東日本の13路線・36駅における約6万5000の広告面での開局プロモーションを展開し、「TRAIN TV」の開局を盛り上げる。

 あわせて「TRAIN TV」公式SNSでは、「TRAIN TV」放映番組の見どころや出演者といった、最新の番組情報を毎日発信する。また、出演者の収録時インタビューや未公開映像といった、「TRAIN TV」公式SNSでしか観られないコンテンツも提供していく。