4月、花の香りが夜風に混ざるようになり、季節は春本番です。しかし、星空を見上げると、西の空にはまだ冬の星座が残っています。

まずは「冬の大三角」から探してみましょう。冬の大三角は、「オリオン座」のベテルギウス、「おおいぬ座」のシリウス、「こいぬ座」のプロキオンという3つの1等星からなる、正三角形に近い整った三角です。

冬の大三角の上には「ふたご座」があります。オレンジ色の1等星ポルックスと白い2等星カストルが目印のふたご座は、兄のカストルと弟のポルックスが仲良く寄り添った星座です。

ふたご座は冬の星座ですが、春の終わり頃まで見ることができます。南中高度が77度と非常に高く上り、大きなアーチを描くように空を動いていくためです。

ふたご座を追うように、春の星座である「かに座」と「しし座」が南東の空に上ります。

かに座は探すのが難しいため、まずはしし座から見ていきましょう。

1等星レグルスから、北側に?をさかさまにしたような頭の星、東側につぶれた四角い形に並んだ体の星があります。空の暗い場所でしたら、西を向いたしし座の姿がくっきりと浮かび上がります。

春を表す英単語「spring」には、「跳躍」、「活力」という意味もあります。前足をたたみ、後ろ足を伸ばしたしし座は、春の陽気に浮かれて元気よく跳ねているように見えますね。

しし座とふたご座を見つけたら、レグルスとポルックスを結び、その線の中央当たりに目をこらしてみてください。小さな四角い星の並びがあります。それがかに座です。

かに座の中心には、プレセペ星団と呼ばれる散開星団があります。英語ではビーハイブクラスター(蜂の巣星団)といいます。春風の中でハチが飛び回る羽音が聞こえてきそうな名前です。

北の空へ目を移すと、「北斗七星」が見られます。7つの星からなるひしゃくのような星の並びは、実際の空でもすぐに目につきます。

北斗七星から頭、体、足の星をつないでいくと、「おおぐま座」が描けます。しっぽが長いことをのぞけば、本物のクマにそっくりの星の並びです。

北斗七星の北側の2つの星を結び、その間隔を5倍ほど伸ばした先には北極星があります。北極星は常に天の北極付近に位置し、方角の目印になる星です。

北極星から小さなひしゃくの形に星を結ぶと、親譲りの長い尾をした「こぐま座」が描けます。

春の動物の星座たちは、闇と冷気に閉ざされた冬を越え、再び生命が咲き誇る春を迎えられたことを喜んでいるかのように、生き生きした姿を見せてくれます。


【▲ 2024年4月中旬 20時頃の東京の星空(Credit: 国立天文台)】

月が木星・プレアデス星団と接近

2024年4月の新月は9日です。新月を過ぎると、夕空に細い月が見えるようになります。

4月10日には、木星の西側に二日月が上ります。

二日月は「繊月」と呼ばれるほど、細くはかなげです。そのうえ、太陽に近いため見るのが難しいのですが、今回は木星が良い目印になってくれます。木星はマイナス2.0等(※)と非常に明るく、黄昏の光が残る空でも見つけることができるでしょう。

4月11日には、月はプレアデス星団(すばる)に接近します。プレアデス星団は冬の星座「おうし座」に位置する散開星団です。

細い三日月と小さな星の集まりであるプレアデス星団、繊細かつ個性的な2つの天体の共演が楽しめます。


【▲ 2024年4月10日、11日の東京の星空(Credit: 国立天文台)】

その後、月は明るい部分を大きくしながら、12日にはおうし座の1等星アルデバラン、13日には同じくおうし座の2等星エルナトに近づきます。その様子はまるで、冬の星座との別れを惜しんでいるようです。

星の見え方は時間や季節によって変わるものの、日々の変化はごくわずかです。

しかし、月は形や上る位置、接近する天体が目に見えて変わっていくため、毎日観察すると違いが良く分かります。

春の宵、表情を変え続ける月を眺めながら、夜のお散歩を楽しんではいかがでしょうか。

※木星の等級は2024年4月10日のもの

 

Source

国立天文台 -ほしぞら情報 東京の星空・カレンダー・惑星(2024年4月)
国立天文台 -暦計算室 今日のほしぞら
国立天文台 -月が木星、すばるに接近(2024年4月)

文/sorae編集部