リクルート、ECモール「ポンパレモール」終了を発表 11年の歴史に幕

リクルートは4月1日、ECモール「ポンパレモール」を6月30日午後11時をもって終了すると発表した。2013年3月15日の本格オープンから11年強でのサービス終了となる。

サービス終了の理由について、リクルートは「ここ数年間のさまざまな環境変化や、『ポンパレモール』のサービスの利用状況などを総合的に判断し、サービスを終了させていただくこととなりました」と報告している。

「ポンパレモール」は、「じゃらんnet」「ホットペッパービューティー」「ホットペッパーグルメ」などで使える「リクルートポイント」や「Pontaポイント」、「dポイント」が誰でもいつでも全商品3%以上たまるECモールとして運営してきた。

2013年3月に、「楽天市場」「アマゾン」「ヤフーショッピング」「au PAY マーケット(当時は『Wowma!』)」に次ぐ、総合ECモールとして多くのEC企業が出店していた。

主に「Pontaポイント」を消費できる物販チャネルとしてサービスを強化してきたが、多くのモールが乱立する中で存在感が少しずつ薄くなっていた。「Pontaポイント」は「au PAY マーケット」でも利用でき、「リクルートポイント」はサービス連携により「アマゾン」でも利用できるようになった。

2019年7月からは出店料の無償化を実施し、出店者の負担を軽減しており、出店者の中にも「ポンパレモールに力は入れていないが出店は継続している」と言う企業もあった。