EBITDAとは?EBITの違いも会計知識のない方向けにわかりやすく解説

EBITDAとは、一般的に税引前利益に支払利息や法人税・減価償却費などを加えた値です。これを用いることにより、海外企業との比較がしやすくなります。ただし、設備投資による損失を見落としやすい点に注意しましょう。

本記事では、EBITDAとは何かを説明してから、計算方法を詳しく解説します。

EBITDAとは

EBITDAとは、企業の価値を評価する際に使われる指標のひとつです。“Earnings Before, Interest, Taxes Depreciation, Amortization”の頭文字から名付けられています。

それぞれの単語の意味は、以下のとおりです。

・Interest(利息)

・Taxes(法人税など)

・Depreciation(有形固定資産の減価償却費)

・Amortization(無形固定資産の減価償却費)

また、“Earnings Before”は上記を加算したり減算したりする前の利益を指します。

ここでは、EBITDAの定義・読み方や目的について確認していきましょう。

EBITDAの定義・読み方

一般的に、EBITDAの定義は、「税引前利益に支払利息・法人税・減価償却費などを加えた値」です。各項目を税引前利益に加えることで、支払利息・法人税・減価償却費を引く前の企業の利益を算出しています。

EBITDAの読み方は「イービットディーエー」 「エビーダ」「イービットダー」「イービッダー」などです。とくに決まった読み方はありません。

なお、EBITDAには、税引前純利益を使うこともあれば、経常利益や営業利益を使うこともあります。利益の種類について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

利益とは経営に大切な数字!各種類の概要や計算方法もご紹介

EBITDAの目的

EBITDAを使う目的のひとつが、企業価値評価です。とくに中小企業は上場企業に比べて株価に関する情報が少ないため、M&Aなどの局面で対象企業の事業価値(EV)をEBITDAで割ったEV/EBITDA倍率を参考にすることがあります。

また、金融機関が融資の可否を判断する際に、EBITDAを使うこともあるでしょう。なぜなら、EBITDAで企業の返済能力をある程度確認できるためです。

(広告の後にも続きます)

EBITDAとEBITの違い

EBITDAは、EBIT(イービット)と混同されることがあります。どちらも企業価値評価に使われる指標ですが、構成される項目が主な違いとして挙げられます。

EBITは、“Earnings Before Interest and Taxes”の頭文字をとった言葉です。EBITには、EBITDAと異なり、“Depreciation(有形固定資産の減価償却費)”や“Amortization(無形固定資産の減価償却費)”に関する記載がありません。

つまり、EBITは減価償却費の影響を考慮していない指標といえるでしょう。そのため、EBITは主に起業したばかりの企業の価値を評価する際に用いられます。