乃木坂46一期生高山一実さん原作の「トラペジウム」にJO1木全翔也さんが声優出演!快進撃が止まらない

 【いま注目のトレンドワード・374】3月19日にXでトレンド入りを果たした「声優出演」というワード。JO1のメンバーである木全翔也さんにまつわる言葉なのだが、どのような経緯でトレンド入りを果たしたのだろうか。詳しく見ていこう。

●アイドル兼声優? 2024年は既に3本に出演予定



 木全さんが所属するグループ「JO1」は、11人のメンバーで結成されたボーイズグループだ。メンバーは各々バラエティ番組やドラマなどに出演し、活躍の場を広げている。

 メンバーそれぞれが自分の得意分野で活躍する中、木全さんの注目ポイントは「声」。今年5月公開のアニメ映画「トラペジウム」の声優として抜擢されたことが話題となり、今回の「声優出演」がトレンド入りしたようだ。

 アイドルを目指す主人公の協力者を演じる木全さんは、「人間的には近しい感じがして、個人的にすごく共感できるキャラクター」とコメントしている。

 ファンからは喜びの声が相次いでいるが、木全さんの声優活動は今回が初めてではない。すでにテレビアニメ「群青のファンファーレ」、しまじろうの映画「ミラクルじまの なないろカーネーション」などに出演するなど、声優としての実力は認められている。

 もちろん声優以外の仕事も好調のようで、今年はNHKの語学番組「ハングルッ! ナビ」にもレギュラー出演することが決定。2024年は「しまじろう」「トラペジウム」を含めると既に三つの作品に関わっていることになる。

 ファンからも「まだ3月なのに、大き目の仕事3本もあるの凄くない? どんどん人気になっていくね」と喜びの声が上がっている。

 「トラペジウム」自体も、乃木坂46一期生の高山一実さんの小説が原作ということで注目度が高い作品だ。今後の木全さんの声優・タレント活動にも注目しつつ、同作の公開を楽しみに待ちたい。(フリーライター・井原亘)

「声優出演」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード

・サンドワーム

・磯部磯兵衛物語

・ダレン・シャン

・シェフ大泉

■Profile

井原亘

元PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている