「拉致問題、解決の義務も意思もない」北朝鮮外相が談話

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)外相は29日、「日本のいかなる接触の試みも許さない」とする談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

崔氏は、岸田文雄首相が日本人拉致問題の解決に向け引き続き努力するとしていることに言及。「現実をわざわざ拒否し、顔をそむけながら実現できないこと、解決すべきことのない問題に執着し、あくまで固執する理由について理解できない」と述べた。

また、拉致問題の解決について北朝鮮は「努力する義務もなく、またそのような意思も全くない」と強調。

さらに「日本がわれわれの主権行使を妨害し、干渉することに対しては常に断固と対応する」とし、自衛のためとして正当化してきたミサイル発射を、止めるつもりのない立場も明らかにした。