「絶対に食べてほしいカップ麺3選」即席麺マニア推薦!“プチ贅沢”を味わえるプレミアムな一杯とは?の画像一覧

インスタントラーメンハンターの大和イチロウです。私はインスタントラーメンを36年間、365日食べ続け、今までに計25000食を味わってきたマニアであり、最近では「中の人」としてもカップ麺や袋麺を監修する日々を過ごしております。そんなマニア目線で、インスタントラーメンの最新情報をお届けするこの企画。

最近はあらゆるものが値上げラッシュです!そんな中、「プチ贅沢」も話題になっています。どうせ食べるならちょっと高くても美味しいものを食べたいニーズが高まっています。そんな中、「ちょっと高いけど」絶対食べてもらいたいおすすめのカップ麺3つをご紹介したいと思います。

1.「明星 贅沢一平ちゃん夜店の焼そば」(明星食品)

「明星 贅沢一平ちゃん夜店の焼そば」(明星食品) ¥271(税抜)716kcal

1995年に誕生した一平ちゃん夜店の焼そばですが、それまでになかった「からしマヨネーズ」を添付、あっという間に焼きそばのスターダムにのし上がりました。今回販売された「贅沢一平ちゃん夜店の焼そば」はなんとからしマヨネーズ2.5倍&ソース1.5倍と超贅沢!


一平ちゃんでお馴染みの「ソース練り込み麺」も1.5倍に倍増。麺だけでも美味しいとの評判は明星さんの独壇場か。具のキャベツも1.3倍に増量。両者比較してみると、明らかに袋の大きさが違いますね。通常品と比べて40円も差がありません。ならばかなりコスパが良いです!!


右側が贅沢、左側がオリジナルです。画像では伝わりませんが、立ち上がる香りが贅沢の方がさらに芳醇です。危うく撮影前に食べてしまうところでした。からしマヨネーズ2.5倍&ソース1.5倍という黄金比率は、ファンとしては待ちかねた配合比です。


からしのテイストがしっかり効いているのでオリジナルよりも少し辛さを感じますが、麺の旨みと甘みが相まって美味しさがお口一杯に広がります。今まで様々な一平ちゃんを食べた方もこれは絶対一度は食べるべき一杯。計算し尽くされた比率です。

「明星 贅沢一平ちゃん夜店の焼そば」レビュー

【計23/25点】

麺・・・・・・・★★★★★

具・・・・・・・★★★★★

ソース・・・・・★★★★★

作りやすさ・・・★★★☆☆

コスパ・・・・・★★★★★

【総評】

中の人目線としては、一平ちゃんのテイストを崩すことなく黄金比を見つけることは相当大変なことだったと思います。まさに夜中に食べたい「ジャンクオブジャンク」の焼きそばです。これはレギュラー化を強く望みます!!おすすめ!

(広告の後にも続きます)

2.「日清 特上 カップヌードルトリュフ風味」(日清食品)

「日清 特上 カップヌードルトリュフ風味」(日清食品) ¥259(税抜)327kcal

1971年世界初のカップ麺がこのカップヌードル。今や100カ国を超える世界に羽ばたく超モンスター級に新たなるプレミアムが新登場。「特上 カップヌードルシリーズ」として4種がカップヌードル誕生52周年記念として限定販売です。


今回は4種食べた中から特に注目したい「トリュフ」をご紹介したいと思います。過去に「リッチシリーズ」も限定発売されていましたが、リッチシリーズは新素材を使うことを原則にしたのに対して、「特上シリーズ」はオリジナルをグレードアップさせた言うなれば「ビジネスクラス」的カップ麺です。


調理後の比較です。明らかに違うのが「謎肉」。その存在感は圧倒的です。もうこれだけでグレードアップされた感がすごいです。麺はオリジナルが乾燥重量65gに対して特上は60gですが、総重量はともに78gと変わらないです。これでいかに具材がプレミアムかが分かりますね。


オリジナル版と比べても醤油のカドが取れて少し優しい印象があります。そこに「特製トリュフ風味オイル」を入れることでプレミアム感は一気に高まります。良い意味での和洋折衷の一段ギアが上がっています。


コク深いスープによく馴染む平ちぢれ麺は、いつものカップヌードルですがトリュフオイルがしっかりと麺に絡み心地よい香りが鼻をくすぐります。全体的に甘めの調整がなされており上品なイメージが最後まで続きます。

「日清 特上 カップヌードルトリュフ風味」レビュー

【計23/25点】

麺・・・・・・・★★★★☆

具・・・・・・・★★★★★

スープ・・・・・★★★★★

作りやすさ・・・★★★★☆

コスパ・・・・・★★★★★

【総評】

インスタントラーメン業界の「300円の壁」を超えない価格でこのプレミアム感を達成したのはすばらしいです! カップヌードル史上最大サイズの「謎肉」も見逃せませんよ。52回目のバースデー記念の限定品ですのでまだの方はぜひ!