東京大学就職先ランキング2023!高学歴者の仕事に対する意識変化


新型コロナウイルス問題で社会が大きく変化した今、新たな一歩を踏み出す学生たちの意識も変わりつつあります。企業の採用戦略も、そうした変化に対応しなければなりません。では優秀な人材を得るためにはどうしたらよいのか、東京大学の就職先ランキングをテーマに考えてみましょう。

変化する東大生の就職先

東大の学卒者は毎年3,000名程度ですが、理系を中心に大学院進学が多いため、実際に就職するのはその3分の1にあたる1,000名ほどです。かつては官公庁に入りエリート官僚を目指す傾向が強かったものの、現在は国家公務員試験を受ける学生数は大幅に減少しています。

今から約20年前の就職先ランキングを見ると、日本を代表する企業がずらりと並んでいます。中でも銀行や証券などの金融業と、メーカーなどの技術系企業の人気が高かったようです。ところが、その後国内の産業構造が変化するのに合わせて、東大生の就職先はコンサルティング企業などのサービス業が上位を占めるようになりました。

(広告の後にも続きます)

2023年の就職先から見えるトレンド

2023年の最新就職先ランキングによると、かつて上位を占めたトヨタ自動車、三菱商事、大和証券などは姿を消しています。代わりに圧倒的多数で第1位になったのは、なんと東京大学そのものです。この結果は2021年も2022年も同様でした。

母校の東大を除外すると、第2位の外資系企業アクセンチュアをはじめ、上位にはコンサルティング関連企業が多数ランク入りしています。続いてソニー、楽天、日本IBMが3~5位を占めており、技術系サービス企業の人気もここ数年のトレンドです。