日米連(《一財》日本米穀商連合会)は12月3日、オンラインセミナー「もう始めよう、BCP(事業継続計画)」を開催する。Zoomを活用したもので、「オンライン開催は初の試み」とのこと。

セミナーではBCP(=コロナ禍や多発する災害などの不測時に企業の被害を最小限に留め、事業継続や早期復旧を目指すための計画)を学ぶ。講座は2部制で、1部はBCPの基礎から策定のポイント、中小企業庁による「事業継続力強化計画認定制度」などについて説明する。講師は「経営工房もんじゅの知恵」の吉成俊勝代表。2部では全米販が登壇し、火災共済やPL共済などの共済商品を案内する。

参加費は1人につき税別3000円、定員は先着80人。申込などの問い合わせは日米連まで(03-5846-9941)。なお、本セミナーはお米マイスター(三ツ星・五ツ星)の3年おきの資格更新も兼ねる。

〈米麦日報2023年9月4日付〉