「物流クライシスの解決策」…三菱電機・ウーバーなど、ロボット配送実証

三菱電機は5日、ウーバー・イーツ・ジャパン(東京都港区)、米ロボットベンチャーのカートケンと共同で、東京・日本橋で人工知能(AI)を用いた自律走行ロボットによる配送サービス実証を報道関係者向けに公開した。最高時速5・4キロメートルで歩道を走り、内部に収納した料理などを運ぶ。6日から同エリアで加盟店を対象にした配送サービスを始める。今後、都心部を中心に対応エリアを順次広げる。

カートケン製のロボットを使用する。5日の実証では、実際にとんかつ屋の弁当をロボットがオフィスビルに運んだ。小雨が降る中、ロボットは歩道をゆっくりと走行。横断歩道前では停止して信号待ちをするなど、無事に配送を終えた。

5日に会見した三菱電機開発本部の田中昭二先進応用開発センター長は、ロボットによる配送は「今後ますます深刻化する物流クライシスの解決策の一つになる」と期待を述べた。

ウーバー・イーツがロボット配送サービスを提供するのは米国に続いて2カ国目。日本でも実証をはじめ、課題を洗い出す。