「M3」チップを搭載した「MacBook Pro」がアップデートで2台の外部ディスプレイの接続に対応するようになる、と海外メディアの9to5Macが報じています。


↑心配しないで(画像提供/アップル)

 

2023年10月に発表されたMacBook Proは、上位モデルでは「M3 Pro/M3 Max」チップを搭載。下位モデルでは、M3を搭載した13インチMacBook Proも同時に登場していましたが、このM3 MacBook Proは上位モデルと異なり、1台の外部ディスプレイにしか接続することができなかったのです。

 

しかし、先日発表された「M3 MacBook Air」では、2台の外部ディスプレイの接続が可能とうたわれています。同じM3チップなのに、MacBook AirのほうがMacBook Proよりも高機能というおかしな状況が発生していたのですが、アップルによれば、この問題はソフトウェアアップデートにより解決されるそうです。

 

現在、同社は「macOS Sonoma 14.4」の開発者向けベータ版を配布していますが、M3 MacBook Proへのアップデートがどのタイミングで配布されるのかは不明。もうしばらく待つことにしましょう。

 

Source: 9to5Mac