人気投資家・たぱぞう氏に聞いた「東証上場ETF」のメリットと課題とは?

近年、世界中の投資家に活用されている金融商品のひとつがETF(上場投資信託)だ。その名の通り、株式と同様に“上場している”投資信託となる。

ETFは各国の証券市場で取引されており、東京証券取引所でも多くのETFが上場されている。では、この「東証上場ETF」に対して“投資のプロ”はどんな印象を持っているのだろうか。どういった使い方が良いと考えるのか。

そこで今回話を聞いたのが、FIREを達成した投資家であり、さまざまなメディアで資産運用の情報を発信するたぱぞう氏。現在、投資顧問のアドバイザーも務める同氏は、東証上場ETFの使い方をどう考えるのだろうか。

東証上場ETFを担当する東京証券取引所 株式部株式総務グループ兼ETF推進部・上場推進部の岡崎啓さんが対談相手となり、たぱぞう氏の率直な本音を引き出していった。

(広告の後にも続きます)

東証上場ETFを使う理由は「円で注文できるから」

たぱぞう こういう企画だから言うわけではなく、実はここ数年、東証上場ETFをかなり活用しています。運用のメインになっていますね。よく取引するのはアメリカのS&P500に連動したETFですが、2023年は米国債のETF、それも20年超の長期国債に連動するETFをかなり売買しました。

岡崎 海外上場のETFも売買できる中で、東証上場ETFを使っている理由はどんなものですか?

たぱぞう ひとつ大きいのは、円建てで売買できることです。海外上場ETFの場合、私たち投資家が円をドルに転換して売買するのが一般的です。対して東証上場ETFは、円のまま売買することができ、その後、商品を運用する側でドルに転換します。個人的な話ですが、会社を作って資産運用するようになってから、すべて円で取引した方が税務的にも煩雑にならないという理由もありました。

岡崎 今の話に関連して、東証上場ETFは「為替調達コスト」が低いのも特徴です。たとえばS&P500や米国債に連動するETFを取引する際、円をドルに換えるには一定の為替調達コストがかかります。為替調達は量が多いほどコストが下がるため、東証上場ETFでは、個人の方がそれぞれ為替を調達するのではなく、個人が円で注文したものを一度まとめて、ETFの運用会社が大量の為替を調達します。こういった仕組みで為替調達コストを減らしているのです。

たぱぞう ETFの信託報酬(※運用・管理にかかる費用)もだいぶ下がってきましたし、私の場合は同時に貸株金利(※株やETFを証券会社に貸し出すことで得られる金利)をもらっているので、ほとんどコストも相殺されているかなと思いますね。

岡崎 ちなみにETFと投資信託の比較についてはどうでしょうか。たぱぞうさんが取引されているETFの場合、似た商品の投資信託もあると思います。その違いはどう感じていますか。

たぱぞう 投資信託も悪くないのですが、ETFはつねに現在値がわかり、取引時間内ならいつでもリアルタイムで売買できます。その点が良いですね。私の場合は値動きのうねり、つまり、大きく株価が変動したタイミングで値上がり・値下がりを細かくとらえてピンポイントで売買したいことがありますので。

とはいえ、基本的には中長期でETFを長く保有するのが私のスタンスで、特にS&P500連動のETFは細かく売ったりせず、長期保有で含み益を出していく考えです。余計なことはせずに持ち続けていれば良い銘柄だと思っていますから。仮に子どもに相続しても、手間のかからない“良い資産”になるかなと。私が生きているうちにこのETFを売って現金化する可能性は低いかもしれません。