北朝鮮「日本統治時代のウイスキー産地」で今も続く密造酒

中国と国境を接している北朝鮮の新義州(シニジュ)の南東郊外にある石下(ソッカ)は、昔から水の良いことで知られている。その南にある楽園洞(ラグォンドン)、楽清洞(ラクチョンドン)には、斜面に無造作に伸びた道沿いに、古ぼけた家が立ち並んでいることが、衛星写真からもはっきりと見える。

当局は、この地域に対する監視と取り締まりを強化している。密造酒工場が多数存在するからだ。

現地のデイリーNK内部情報筋は、社会安全省(警察庁)が今月の初め、「密造酒現象とそれに関連する行為を無慈悲に制裁せよ」との指示が下されたと伝えた。

この指示文書には、実際に密造酒が作られている全国の地域が挙げられているが、ここまで詳細なリストは今まで見たことがないと情報筋は驚いた。驚いているのは平安北道安全局も同じだという。

現地では、「この地域には日本の植民地時代にウィスキー工場があった」と言われている。たしかに新義州には、東洋拓殖系の朝鮮無水酒精、民族資本の焼酎工場の新義州醸造などがあったが、存在したのは市内の別の地域だ。

ちなみに当時、朝鮮でウィスキーと言えば、サントリーウィスキーや英国産のウィスキーで、国産のウィスキーが醸造されるようになったのは、1946年以降のことだ。北朝鮮では2010年代後半になって、ジョニー・ウォーカーをベンチマーキングして作られた国産の三日浦(サミルポ)ウィスキーが出回るようになった。もちろん、ウィスキーの主顧客層である特権層は、英国から輸入した「本物」を飲むだろうが。

いずれにせよ、この地域で良質の水が湧いていることには違いなく、市内で出回る密造酒の8割がこの地域で作られている。

原料となるアルコールは、首都・平壌郊外の平城(ピョンソン)に国家科学院で勤務経験を持つ人が製造し、ポリ車(個人所有のトラック)を使って運ばれてくると、社会安全省の文書に記載されているとのことだ。

社会安全省は、アルコールの運搬を取り締まるため、10号哨所(検問所)でポリ車を片っ端から検問し、もしアルコールが見つかれば、運行禁止、全量没収の措置を取るように指示した。

また、醸造に使う機械、釜、麹、酒樽はもちろん、原材料を販売した商人からも商品を没収し、密造酒の販売業者に対する摘発も行う。摘発された者は、非社会主義行為(社会主義にそぐわない行為)を行った容疑で、思想闘争(吊し上げ)を行う。

密造酒を徹底して取り締まる背景には、複数の理由がある。一つは「穀物の無駄」という点だ。食べるコメが足りていないのに、不必要な酒、それも密造酒に使うのは言語道断というわけだ。

娯楽の少ない北朝鮮では、なにかに付けて飲み会が開かれることが多いが、酒に酔って乱暴狼藉を働く「スルプン」が後を絶たない。当局は、その元となる酒そのものに対して、あまりよく考えていない。