ツルハホールディングスイオンウエルシアホールディングスは2月28日、経営統合の協議を開始し、資本業務提携すると発表した。

<経営統合の協議を開始>



※左からイオン吉田社長、ツルハHD鶴羽社長、ウエルシアHD松本社長

イオンは1月29日、ツルハHDの株式を、オアシス・マネジメント・カンパニー・リミテッド(以下:オアシス)が運用するファンドから取得することについて、オアシスとの間で独占的に交渉を開始すると公表していた。オアシスの保有するツルハHD株式660万株(議決権比率:約13.6%、取得価額:1023億円)を取得し、ツルハHDを持分法適用関連会社とする。

イオンは、この株式取得に先立ち、3月5日までに、イオンが保有するツルハHD株式の一部である353万株(議決権比率:約7.3%)を野村証券に売却。その後、イオンは、3月13日までに、オアシスから株式取得を実行することにより、イオンが保有するツルハHD株式の議決権比率を19.9%とする。

さらに、イオンは、法令に基づき必要なクリアランス・許認可を取得したことを条件に、ツルハHD株式を保有する者(野村証券を含むが、これに限らない)より、野村証券に売却した株式353万株と同数のツルハHD株式を取得。イオンが保有するツルハHD株式の議決権比率は約27.2%となり、ツルハHDはイオンの持分法適用関連会社となる予定だ。

また、ツルハHDとウエルシアHDは、ツルハHDを親会社とし、ウエルシアHDを完全子会社とする株式交換の方法による経営統合を行う。

この経営統合後、イオンはツルハHD株式に係る議決権割合が過半数以上51%未満となる範囲で追加取得することにより、イオンがツルハHDを連結子会社とし、ツルハHDは、イオングループのヘルス&ウエルネス事業の中核子会社となる。

3社は、遅くとも2027年12月31日までに経営統合について最終的に合意することを予定している。イオンは、現在ツルハHD株式を13.59%保有。1995年1月、ツルハHDとの間で資本業務提携の覚書を締結している。

<イオンの吉田社長>


同日開催された記者会見で、イオンの吉田昭夫社長は「昨年夏以降、1995年時の提携をより進化させるべく協議を開始した。今回、既存の枠組みを超えたヘルス&ウエルネス企業を目指すという志を3社で共有し、経営統合を推進する。北海道・東北・中四国に強いツルハHDと関東・関西に強いウエルシアHDは出店エリアを補完できる。また、イオンの他業態の商品・サービスをドラッグストアに盛り込むことにより、1店舗当たりの収益性を高め、地域の顧客の信頼性、来店頻度も増やせる。2社の統合による規模のメリットで、物流効率化も進める」と意気込みを語った。

経営統合により、店舗開発、調剤併設化、商品や電力の仕入れ・開発、物流効率化の相互協力を推進。決済・ポイントシステム・デジタルマーケティング・保険に関する提携、プライベートブランド商品の共同開発・相互供給、DX・ECに関する相互協力、経営ノウハウの交流、フード&ドラッグ業態の研究、人材・人事情報の交流を図る方針。

ウエルシアホールディングスの2023年2月期の連結決算は売上高1兆1442億7800万円、営業利益456億3500万円、経常利益521億4900万円、親会社株主に帰属する当期純利益270億3000万円。

ツルハホールディングスの2023年5月期の連結決算は、売上高9700億7900万円、営業利益455億7200万円、経常利益456億8900万円、親会社株主に帰属する当期純利益252億5800万円。

2024年1月現在ツルハHDの国内店舗数は2640店舗(内調剤薬局907店舗)、ウエルシアHDの店舗数は2023年4月時点で2751店舗(調剤併設店舗2019店舗)。

今回の経営統合により、単純計算で、イオンのヘルス&ウエルネス事業は売上高2兆円を超える規模となる。

医療格差、健康格差、地域間格差の拡大が大きな社会問題となる中、ドラッグストア業界においては、出店余地の減少、薬価の引き下げ、価格競争の激化など、事業環境の厳しさは増している。

3社は、このような環境下においても、誰もがヘルス&ウエルネスのサービスを等しく受けられる社会を実現するためには、既存の業態の枠組みの中での成長にとどまらず、自らの業態の抜本的な変革を推進していく必要があると考えるに至ったという。

今後、日本のみならずアセアンをはじめとするグローバル規模において、人々の未病、予防、治療に従事し、健康寿命の延伸に貢献することにより、地域生活者のより高次なヘルス&ウエルネスの実現を目指す。

<ツルハHDの鶴羽社長>


ツルハHDの鶴羽順社長は「統合により、国内で売上高2兆円、5000店舗を超える規模となる。アジアにも進出、イオングループの既存インフラを生かし、さらなる成長を遂げたい。統合後5年以内には売上高3兆円のアジアNo.1のヘルス&ウェルネス企業を目指す。ツルハHDはイオンの子会社となった後も上場は維持する。ツルハHDがウエルシアHDの親会社となるが、あくまで対等に統合に向けて協議する。経営者は統合時のツルハHDの代表者が就く予定。また、現在の各ドラッグストアのブランドも維持する方向で考えている」と説明した。

<ウエルシアHDの松本社長>


ウエルシアHDの松本忠久社長は「調剤部門では薬価が継続的に引き下げられる中、技術料をいかにあげていくかが課題だ。今までの2社の知見を共有し、収益性を高めたい。さらに、ツルハの日用品の強み、当社の調剤・介護のノウハウを掛け合わせ、2社で強くなっていく」と述べた。

取材・執筆 鹿野島智子

■イオングループの関連記事
イオン/ツルハHDの株主総会、会社提案に賛成