定番アイテムとして、さまざまなコーディネイトに活躍するGジャン。ここではちょっと捻りの効かせたGジャンのインナー使いについて考えてみたい。そこで選んだアウターはテーラードジャケット。これが意外にGジャンとマッチするのだ。さらにインナー使いの装いに個性を演出するため、ツイードジャケットとダブルブレストジャケットを用意。カジュアルアップとドレスアップ、対極のGジャンレイヤードスタイルをとくとご覧あれ。

【シングルツイードジャケット×加工デニム】優しいツイードの表情と色褪せたGジャンとのカジュアルコーデ。

暖かみのある表情でカジュアルな印象を受けるツイードジャケット。中にGジャンを合わせるなら、色褪せたカジュアルなGジャンでテイストを合わせるのが重要。さらにインナーで上手にカジュアルアップさせるのがポイントだ。


ツイードジャケット6万8200円/ヒピハパ×ハミングバーズヒル、シャツ1万9250円/ハミングバーズヒル(ともにハミングバーズヒルショップ TEL03-6721-0189)、Gジャン2万9920円/リーバイス®️(セプティズTEL03-5481-8651)、ネクタイ9900円/エンジニアドガーメンツ(ネペンテス TEL03-3400-7227)、パンツ3万5200円/ウエアハウス(ウエアハウス東京店TEL03-5457-7899)、ソックス5390円/ギャングスタービル(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499)、シューズ5万600円/リーガルシューアンドカンパニー(リーガルシューアンドカンパニーTEL03-5459-3135)

インナーアレンジで“カジュアルアップ”!


スウェット2万350円、バンダナ5500円/共にウエアハウス(ウエアハウス東京店 TEL03-5457-7899)

まずはスウェット×バンダナ。ツイードジャケット×色褪せGジャンの組み合わせはカジュアルな印象なので、インナーをアレンジするならクルーネックのスウェットはオススメ。でもラフな装いにも見えるので、首周りにバンダナなどを加えて、ほんのりと小綺麗な要素をプラスすると好印象なスタイルに!


ネイティブ柄ニット5万5000円/ジェラード(ジェラード TEL03-3464-0557)

ツイードジャケット×色褪せGジャンのインナーアレンジでオススメなのは、ネイティブ柄のニット。ツイード素材とニットは同じ羊毛素材なので組み合わせの相性は良く、色褪せたGジャンとネイティブ柄のテイストも調和する。これぞアメカジライクなレイヤードテクと言えよう。

(広告の後にも続きます)

【ダブルブレストジャケット×ワンウォッシュデニム】クラシックなダブルブレストは濃紺のGジャンで華麗に着る。

ダブルの前合わせやピークドラペル、サイドベンツなど、上品且つ貫禄のある印象を受けるダブルブレストジャケット。それにGジャンをインナーにスタイリングするのであれば、濃紺のGジャンで小奇麗にまとめるのが最適解だ。


ハット1万8480円/ドライボーンズ(ドライボーンズ東京店 TEL03-5458-5688)、ダブルブレストジャケット9万6800円、パンツ5万7200円/共にトロフィークロージング(トロフィー ジェネラルストア TEL03-6805-1348)、Gジャン3万9600円/ザ・リアルマッコイズ(リアルマッコイズ東京 TEL03-6427-4300)、シャツ1万9800円、ネクタイ1万4080円/グラッドハンド、ソックス5390円/ギャングスタービル(すべてグラッドハンド コア TEL03-6438-9499)、シューズ8万5800円/ビルトバック(アトラクションズ TEL03-3408-0036)

インナーアレンジで“ドレスアップ”!


タートルネック4840円/ライフウェア(セプティズ TEL03-5481-8651)、ストール1万4080円/ウェアマスターズスカーフ(アトラクションズ TEL03-3408-0036)

ダブルブレストジャケット×濃紺Gジャンのインナーをアレンジするのなら、タイドアップもいいけど今ならタートルネックで品の良い大人なテイストを加えるのもあり。さらに首周りにストールを加えて、装いに色気を出すのもテクニックの一つ。アレンジのご参考に!


バンドカラーシャツ2万9480円/バイ グラッドハンド(グラッドハンド コアTEL03-6438-9499)

ダブルブレストジャケット×濃紺Gジャンの次なるインナーアレンジとしてチョイスするのはバンドカラーシャツ。折り返した襟羽根を取り除き、台襟を残したシャツのこと。あえて首周りにすっきりとした印象を残すことで、ラフ過ぎずキメ過ぎない絶妙な按配に仕上がる。

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2024年3月号 Vol.359」)